中川繁夫写文集

IMG_20180131_131831_877
フォトハウス表現研究所のHP

 京都衣笠に立命館大学の国際平和ミュージアムがあります。そのミュージアムの入った右側に、このブロンズ像があります。平和の象徴、わだつみの像、ですよね。銘記かなかったから、確定ではありませんが、そうだと思います。記憶を辿れば、1952年じゃなかったかな、この像の設置をめぐって、最初は京都大学に設置する予定が、そこには設置できなくて立命館大学に設置する手配となった、末川博総長の時代です。荒神橋事件というのがあって、京大から立命館へくる途中、鴨川にかかる橋ですが、そこにさしかかったデモ隊と警官隊が衝突した、というものです。その後、立命館大学の広小路学舎の研心館前に設置されていました。平和の象徴、戦没学生追悼の意味があったと思うのですが、1969年大学紛争の最中、この像が引きずり倒され、頭部が壊された。そういう歴史を辿った「わだつみの像」が、修復されて、国際平和ミュージアムの玄関わきに置かれているのです。何度か、写真に撮りましたが、先日、撮って、インスタグラムにアップした画像を、ここに再録しておこうと思います。立命館大学は、ぼくが卒業証書をもらった、母校ですから、追って、また、その思い出を書いていきたいと思っています。


120buras1802040020
フォトハウス表現研究所のHP
 自分の居場所ということを考えると、わけがわからなくなってきます。あるべくしてある、そのあるべくしてあるものが、壊れていくような感覚が、夢のなかに出てきます。ふっと気がついて、暗闇の中、夢だと気づいて、言い知れぬ不安にさいなまれることがあります。自分を支えている世界との関係が、砂上の楼閣のように崩れてしまうのです。こういうときって、ひとは、どう対処するんでしょうか。ええ?、そんなことになるなんて、ありえないことだ、とおっしゃるんですか。そうかも知れないですね、自分が破たんするなんて、想像すらできない人がいるんですね。何の疑いもなく、昨日あったことが今日にもあって、明日にはそれがそのままあり続ける、とまあ、そういうことです。そうこういいながら、破たんするかといえば、破たんしないままに、ここにこうしていて、こんな話をするんだから、滑稽だといえば滑稽なはなしです。

 ふっとなんだか「とりかへばや物語」なんて句が浮かんできて、なんだったけなぁ、男と女がいれかわる話じゃなかったかなぁ、距離的にいえば、京都から、宇治までは、男は男、女は女、ところが、吉野へまで行くと、男は女に変容する、なんてことだったかなぁ、いろいろと思うわけです。記憶を辿っているところですが、男が女として育てられ、女が男として育てられ、そのことがばれてしまう、というような話だったかも知れませんね。詳しいことは、もうかなり昔に読んだ本の中だから、うすら覚えです。なのに、いま、ふっとそのイメージがよみがえってくるのです。いまさら、もう古希を越えたという身体の男が、なにを、思うや、です。年とれば年とるほどに、自分が中性化していくように思えてなりません。性欲を失っていく兆候なのでしょうか。生殖機能がダウンして、中性化してしまうのかも知れません。

 このバーチャルなインターネットという領域の、現実ではないフィクションの世界がひろがっているように思えます。ひところの昔にはなかった感覚で、いま、ネットで世界の隅々までフィクションでみれるようになった感です。物語は、あきこという女子らしき若いヒトが主人公です。ネットの中で、生かしていく、あの犬を飼っていくゲームがあったじゃないですか、それみたいな、あきこをバーチャルで育てるわけです。この子は小説を書こうとして、書いているわけです。写真を撮ろうとして写真を撮っているわけです。そうしてバーチャルソフィアにおいて、人格を持ったかのようにして小説を書き、写真を載せる、そういう全体を、一つの作品として成立させていこうとの試みです。失われたる時を求めて、壮大なバーチャル空間を、一つの球体にまとめ上げていくプロセス、みたいな作品で、その筋書きは、エロスな、時代の中で、究極のエロスを描けないかと考えるのでした。


 120sumah1801300254
フォトハウス表現塾のHP
 気ままに書きます、というタイトルのカテゴリーがあるので開けてみたら、2年前の2016年1月からほったらかしになっていました。その原因は、アクセスが少ない、極端に少ないからです。このライブドアのブログは、アダルトにはたくさんのアクセスがあるようです。でも、アクセスをあげるにはどうしたらいいか、なんてあまり考えていなくて、ぼくの過去の記録として、保存庫としてアーカイブしている感じで使っています。だから、いま、ぼくは、この文章を、キーボードで打っているから、ほんとうは、たくさんの人に読んでほしいと思っているところです。

 2月になって、ここのブログは、カレンダーが自動的には更新されないから、たいがい月の初めに記事を載せます。かれこれ、ライブドアのブログは、12ブログ作っていて、アダルト系が7ブログあります。主にフィクションを書いて載せていて、もう10年ほどになるかと思います。ペンネームで書いているから、それをどのようにしていこうかと考えあぐねているところです。もし、売れっ子になったら、いくつものフィクションを並行して書いていかなきゃならないから、それのトレーニングだ、と考えてだいたい三作品を同時進行させて、まるで新聞連載のブログ版といった様式です。そんなことを思って書き出したフィクションですが、この先、どうなることやら、です。

 文章を書く、フィクションを作る、これは二十歳ごろから手掛けていて、途中サラリーマンをしていた四十年間にはフィクションなど考想する暇もなくて雑文程度でしたが、自由の身になって、それに時間を集中できるようになって、同人を探したけれど、だれもいなくて、むかし文学論を交わらせていた人たちも、なにを今更、って感じで軽くあしらわれてしまって、人生下降している連中には、もうそういう創作意欲なんか、躊躇してしまうんだ、と思うところです。近場の日帰り温泉へ月に1回程度行きますが、老人たちの巣、って感じです。ぼくは、気分転換に行くわけで、すっきりして、吉野家でうな重を、セブンでコーヒーを、それで半日を過ごすのです。気ままに書きます、少しシリーズで書いていこうかな、と思うところです。
フォトハウス表現研究所のHP

IMG_5127
<掲載写真は、写真集<西陣2009>から>
※2004年9月16日~の文書を掲載します
フォトハウス表現塾のHP

<文化・カルチャー論>

文化研究とは、カルチュラル・スタディーズと同義語ですね。
そんなフレームを設定して、文化の層をマトリクス化していくと、
高級文化←→低俗文化という分け方が意識の中で分けられていきます。
ハイカルチャー、ローカルチャー、サブカルチャーなんていうようにです。

そうすると「芸術」ってのはどの層に属するのかというのを定めんならんですね。
芸術って言葉はもう古い、としたら「アート」ですか、言葉としては~ね。
芸術・アートってのは、ハイカルチャーなんでしょうね、きっと・・・
とすると、その範疇にある文学とか写真とか、っていうのはハイカルチャー。
ホントかな~そういう分け方でいいのかな~、っていう思いも出てきます。

作り手のレベルでいうと、芸術行為はハイカルチャー領域に属する。
これでいいでしょうか?正解ですか?

ウ、ナニ、そういう分類方法そのものが今や無効だって?
そやね~そういうことかもしれんな~無効かもね。
ハイカル、ローカル、サブカルなんて所詮商売用語じゃん!なんていうんですか~。

ということで、結論先送りしておきますけれど、
少しこのあたりの問題を解いていこうじゃありませんか、ね~。

<通信制あい文学校>

文学っていうと仕事としては、文学研究をする人とか、小説や詩を書く人とか、あります。
研究者と作家ということにしましょう、ふたつの領域があります。
でも、まってよね、作家という仕事は研究者でもあるんですね。

このようにして考えると、文章を書く人、
コミュニケーションの中で文章効果を考える人、綜合して作家です。

あい文学校というのは、文を書く学校です。
生きていくなかで、いろんな場面で文を書くことが生じますね。
文学が特殊な分野で、常人には近づきがたいもの、っとの偏見を捨てましょう。

文章を書くことで自分を表現するツールにするんです。
自分の生きた証を残していくんです。
自分のことをそのままなぞってもよろしいし、
想像力を働かせて体験してないものを書いてもよろしい。

自分を表現する手段のひとつとして、文学を捉える。
その捉え方を学ぶ学校が、あい文学校です。

通信制あい文学校は、文章の添削をします。
自分の思いを、伝達したい相手に、判りやすく、感動的に伝える。
そのためには文章構成技術が必要となります。

姉妹校に、通信制あい写真学校があります。
写真表現と文章表現を組み合わせることで、いっそう豊かになります。
写真だけ、文章だけ、と単独でもいいですが、
できれば、写真と文章を同時に、自分のものにしましょう!
それに食べものを生産する人、農のことを学ぶ、あい農学校。

身体と心の全体を掴んでいくトレーニングです。
これがお勧め学習コースです。

人生これ学習ですね。いつも学びがあって上がりなしです。
さあ!始めましょうか、文章トレーニングを!


<あい文学校の話題>

「翔・翔<TOBETOBE>」 メンバー 募集!!

詩、小説、評論、等のメンバーを募集しています。
メンバーはあい文学校のアドバイザーをしますので、登録には審査があります。
詳しくは主宰者へお問い合わせください。

なお、投稿(掲載には審査あり)及びコミュニティへの参加は自由です。

あい文学校 入学募集要項

小説や詩を書いてみたい、すでに書いているけど、どのように展開したらいいのかわからない。
ジャーナリストを目指したい、批評文や評論を手がけたい、編集ディレクターをやりたい。
そうゆう人のためには、あい文学校の「翔・翔」同人メンバーが文章添削をお引き受けします。
入学金不要、経費はサイト維持運営費として6ヶ月12000円、または相当のP(交換証)です。

☆インターネットで学ぶ
●通信制あい文学校の募集要項●

1 「あい文学校」は、インターネット環境を利用した文章表現のノウハウを学ぶ通信制の文学校です。

  ※同時開校している「あい写真学校」や「あい農学校」との併行学習をお勧めします。
  ※写真と文章で、ジャーナリストやアートセオリスト指向の人にお勧めです。

2 学科は (1)通信セミナー があります。

3 定員は (1)通信セミナー 10名です。

  ※入学審査をさせていただきます。
  ☆審査方法はメールによる意思確認です。

4 入学日は毎月の初めです。
  定員は在校生の人数としますので定員になり次第締め切ります。
  修了者があった時点で新しく入学ができます。

   ※マンツーマン方式をとりますので定員厳守です。

5 経費は (2)通信セミナー 半年間 12,000円です。

  ※連続受講の3年目以降は不要です。
  ※経費は円で決済をしますが、綜合文化研究所が提唱する交換証Pを充当することができます。
  ☆交換証Pというのは、むくむくネットワークで生産品を交換するときに使う証です。
  ☆経費にはPまたはそれに相当する生産品(米とか野菜とか手工芸品とか・・・・)を当てることができます。  

 

346_4642
<掲載写真は、写真集<京都農塾2004~>2005.7.23 はたけ作業>
※2005年9月20日~のブログ掲載の文を転載します
フォトハウス表現塾のHP

<自然農法による野菜栽培>

京都府亀岡市の赤熊という所に、赤熊自然農園があります。
この赤熊自然農園の、野菜の栽培法が、自然農法だといいます。
野菜の生長を、野菜自身の生命力に任せていくというのです。
肥料を与えない、水を与えない、畑を耕さない(不耕起)、こんな条件の下で、野菜が育つ。
土の上に、枯れ草をまいておきます。

ちょうど訪問した8月の末、はたけに枯れ草を置く作業がなされていました。

自然の中で、自然のままに育てる野菜。
味は抜群においしいです(試食しました)。
昔の野菜の味がする。

循環型農業が各地でおこなわれている現状がありますが、ここ赤熊農園は、徹底してます。自然循環です。
農薬なども使わないから、なにより安全で安心して食べられる野菜です。

<京都農塾の話題 >

京都は園部にある京都農塾が開塾してから、今年で4年目になります。土に親しむ生活をと考える人から、就農をめざす人まで、参加している人の目的はさまざまです。野菜はたけと田んぼを、共同で学びながら、自給自足していくのが目的です。もちろん有機肥料と無農薬で、お米や野菜を栽培しています。

最近は各地に、この種の農塾が開設されてきています。参加者も、家族ぐるみで参加する方が増えてきています。単に、老後の楽しみ、というより、若い人たちが、もうひとつの生き方を求めて参加する、というケースも増えています。環境保全とか自給自足とか、大きな枠組みの社会が変容してきて、個人がそれに対応してきているともいえます。

グローバル化に対してローカル化、消費生活に対して生産生活、アーバンライフに対してルーラルライフ・・・。これまで進歩の名目で推進されてきたことが、大きく変容しつつある世界です。京都農塾は、生産をわが手にして、個人の自立をもくろむために、その生き方のノウハウを学ぶ場、ともいえます。

<自然農による田植え >

今年から滋賀県安土町で一反の自然農による田んぼをはじめることになりました。

自然農の説明
ここの田んぼは、内湖の複雑で不安定な形の湖岸に面していて、ヨシ原はせまってくるし、ほ場整備もなく、これまでの価値観ではまったく効率のわるい田畑が広がっています。
ここでは、まず、農薬や化学肥料に頼らない色々な農法(有機栽培や自然農栽培)で、のんびりと田んぼをすることになっています。農業専用機械でなくても持てる機械(ユンボなど)でのんびりとやる農法。また、何も機械をもっていない者は、鎌と鍬でのんびりとやる農法など。いずれにしても西の湖とヨシ原の風景にふさわしい農の実験です。

自然農法の基本的な特長は、
・耕さない
・農薬、化学肥料を使わない(肥料をやらない)
・草、虫を敵としない
そして、「何も持ち出さない、持ち込まない」(米を持ち出すので、その分はなんとかしないといけない)ということ。

これは近代農法(既存経済)の価値観である2つの呪縛・・・効率・収量から解き放たれれば、必然に辿り着くといいます。つまり、「やはり農薬を使わないと」とか「ほ場整備や化学肥料がないと、、」という強迫観念がなくなります。

しかし、この農法は、効率や収量のために、という選択肢がないのに、結果的に10~11俵もとることができます。結果的にもっとも効率がいいのだ、といいます。まるで「お金はあとからついてくる」というコミュニティビジネスの考え方と似ています。

「耕さない」「肥料を使わない」「草、虫を敵としない」ということは、逆にいうと、「土を生かす農法」
「いのちを生かす農法」「おだやかにくらせる農法」といえる。つまり、もっともたのしい農法です。

また、「ウソつかない」ではなく、「ウソつかなくてもすむ」農法。

農作業としては、
■種おろしは4月下旬~5月上旬
田んぼの中に苗代を畑の状態にして、種籾を蒔く。温度管理、水管理の必要はないが、ヨシや竹を土に差してとげとげにしたりして、スズメ、モグラ、犬・猫がいやがる工夫が必要。
育苗期間は2ヶ月、成苗を移植。

■田植えは6月下旬~7月上旬
まだ、水の張らない田んぼに間を広くとって、鎌で少し穴を開けて、手植えで成苗を1本植え。
水を張らないので、膝を地面につけることができるし、田植えもラク。
間隔広くて、1本植えだから分けつがすごい。濁水なし。田植え後に水を張る。水を張らなくても生物相はゆたか。田植えがおそいので、春草は刈らなくても夏草の稲と交代する。また、水の好きな草の成長も抑えられる。夏草を刈る。

■稲刈りは11月
完熟をまって、手刈り。
さらに究極の完熟のために、はさがけを12月まで行なって、稲の栄養をゆっくり籾に入れる・・

<自然農田植えが終わりました>2006.7.5

6/19付けで、自然農による田植えを記事にしましたが、この田植え、7月1日に終わりました。面積は一反の田んぼでしたが、要した日数11日、延べ43名の労力で、およそ200時間を費やして終えたことになります。写真は、田植えが終わり水が張られた田んぼです。撮影は主宰者菱川貞義さんです。これから秋の収穫まで、草引き作業や水管理が行われていきます。

この自然農田んぼ作業が行われているのは、滋賀県蒲生郡安土町。美しいヨシ原がひろがる西の湖に面した場所です。この安土町では、自然と共生しながら、のんびり楽しく仕事を創りだすことを目的に<西の湖美術館づくり>がはじまっています。<西の湖美術館>とは、暮らし、文化、教育、福祉、観光が一体となった、環境まるごと<美術館>構想です。

今年2006年から、<あんどプロジェクト>の呼称で、環境コミュニティ・ビジネスモデルを構想し、企業化していく計画があります。このプロジェクトは、西の湖流域の自然環境の維持改善、自然教育と観光を軸に、文化・福祉を含めた「里つくり」の構想です。経済産業省の昨年度企業・市民等連携環境配慮活動活性化モデル事業に指定され、環境コミュニティ・ビジネスモデル事業として、スタートします。

別に関連する<まるエコ塾>の第二期が、9月から始まります。自然農田んぼの体験に組み込んで、新しい地域活性化のモデルケースとして、ムーブメントとなればよいと考えています。    



このページのトップヘ