2010.10.2~2011.10.14
そのころ&近況
 800hana1010060012
-21-
昨日2010年10月1日は、北野天満宮のずいき祭りでした。
ずいき祭りに、特別の思い入れがあるわけではないけれど、取材に行った。
北野天満宮、なにかしら、記憶に残るスポットなんです。

その第一は、もう60年近く前、小学校にあがるまで、壬生にいたころの話。
父に連れられて、北野天満宮の縁日に来た。
御前通りをあがっていって、そのままいけば、祖母の家。
そこへ行くのかといえば、今日はそこへは行かないと言った。
その後、小学校にあがるとき、その地へ引っ越してきた。
現在も居住の地、ぼくが生まれた生誕地、いまはない家屋があった。

その第二は、子供のころの遊び場として、北野天満宮の参道界隈。
毎月25日には、縁日で、おこずかいをもらって、遊びに行った。
コルク玉の射的、見世物小屋、口上語って品物を売る男。
食べ物では、お好み焼き、串カツ。
小学校の4年か5年のころ、母が露店を出しだした。
お正月、25日の縁日、参道中ほどの鳥居の近く、西側。
その場所が母の店がある場所でした。

中学生になると、天満宮の記憶は薄れて、千本今出川から中立売の記憶へ。
千本は繁華街、映画館とか、喫茶店とか、飲食店があった。
今もあります、その痕跡、そこを訪ねて写真を撮っている。
この話は、別途、書くことにして、北野天満宮。
ぼくの<京都>の中心スポットであるわけです。
掲載の写真は、2010.10.1撮影、ずいき祭りの行列。
 800kyoto1010010021
-22-
近況-9-
ここで物語をつくるつもりは毛頭ないけれど。
語ること、書くことが、まるで物語なのです。
そのように思えてくるんです。

10月30日、土曜日の今日。
朝から、金沢発、高速道路つかって、京都へ戻ってきた。
妻が、左太ももの骨を折って、浅ノ川病院に入院している。
それは10月14日の午前10時半ごろのことです。
それから、今日まで、もう二週間以上が過ぎてしまった。
なにかまだ、現実の実感が、わかないんです。
ここで、日記を書き、過去を語ろうとの思いがあります。

なにから書こうかと、思う。
そうなのです、結婚40年が過ぎた。
愛情、そりゃそうゆう感情のものです。
怪我とはいえ、入院ですから、心配します。
いっしょに生活していたわけだから、困ります。
アクシデント、父が双岡病院に入院中。
妻が、金沢にて入院中。
ぼくは、アクシデントに見舞われている。

今日は、光影会の例会、久々に参加させていただいた。
写真って、なんなんでしょうね。
写真を介して、ともだちつきあい、なのでしょうね。
明日はグランドゴルフ大会とかで、参加します。
初めての参加で、老人入りを認めてあげます。
地域にもなじんで、京都の写真集を作っていきます。
 800yama1010270015
-23-
11月になりました。
急に寒くなってきたようです。
ストーブをつけて、部屋を少し温める。
要は心の在り方の問題。
気分ってゆう感じかも知れない。
言葉で言い表すなら、さみしい。
寒さは心を閉ざします。

冬の到来にむけて、仕度をします。
冬物の衣類を出しました。
いつも彼女がしてくれていたこと。
なにがどこにあるのかわからない。
探して見つけて取り出してきました。
自分の衣類、見覚えがあります。
自分が自分であることの証。
それが自分が着ていた衣類がわかること。

なんか、どこまで認知症なのか、わからない。
もの忘れがすごい。
なにより、前後がつながらない。
そんな自分を想像してみる。
人間って、けっこうきつい生き物です。
意識があって、自尊心があるなんて・・・・。
 800yama1010270017
-24-
ものごとを悲観的にみるのはやめる。
人を恨んだり、誹謗中傷しない。
なんでも認めていく。
なにかこの世の出来事って暗いですね。
自分が生きた60数年を振りかえっても、いやなことが多かった。
だから、もう、仙人さまの境地で、日々を過ごそうと思った。
気分は楽天、それでもくよくよしたりするけど。
落ちこむときには、くよくよしない。
もうなんでも受け入れちゃうよ。

それでかなり救われていると思う。
無責任、怠惰、いやらしい、なんでも言ってもらって結構。
それがいちばん気楽ってゆうもんだ。
まあ、楽しまなくっちゃぁ、ね。
そう思っても、やっぱり落ち込んじゃうね。
今年は、アクシデントが多発した。
 800yama1010270023
-25-
2010.11.14
人生、なにが起こるかわからない。
ある日、突然、思いがけないことが起こる。
アクシデント、その連続で、日々が過ぎていく。
ひとつひとつに喜怒哀楽してたら、疲れる。
だから、そしらぬ顔して、通り過ぎさせる。
これも対処の仕方のひとつでしょう。

父のこと、これは老いが原因だ。
人間って死が待ち受けているけど、状況がわからない。
死に際、どんなことが起こっていくのか。
妻のこと、これはアクシデント、予期しなかった。
なにかするときには、リスクを伴う。
事故、突然の事故、予期せぬ事故。

うろたえる自分。
こっけいな自分が、そこにいて対処している。
起こったのが10月14日の午前だから、もう一か月になる。
日々の生活を組みかえる。
それでいいのだ。
なるようになる、無理にねじることもない。
淡々、日々淡白に生きていけばいい。
とはいえ、まだまだ血の気が多い。
10年先って、どうなってるんやろ?
 800yama1010270026