京都で写真を学ぶなら
 <京都写真学校>

徒然日記
2013.3.29~2014.1.14
  120kyoto1304080004
-1-

3月29日、今年は桜の開花が早いらしい。
気象条件によってるのだと思うけど。
年々桜の開花が早くなってるように思う。
地球温暖化に影響されているんでしょうか。
桜の花はなにかと話題になることが多いです。
桜は日本を代表する花でしょうね。

花の写真を撮っています。
花といっても様々な花があるんですけど。
そうですね、どちらかといえば、和風。
日本とか京都という風土になびいてます。
桜はその代表ですね。
梅、桃、桜、冬から春へと季節は移り、です。

花はやはり女性です。
椿を撮って、牡丹を撮って、芍薬を撮る。
あでやかでつややかな美の世界です。
もちろん美の典型はなにか、と問えばです。
ビーナス、美人画、といったところでしょう。
いずれにしても春、春はうらら、まどろみます。

ここも新しいタイトルにしました。
徒然日記、おおきくは変わっていません。
もうひとつ、アメーバも「徒然にっき」だったから。
同じタイトルはまぎらわしいから。
なにより、いくつもブログをつくっているのがまぎらわしい。
使い古したのは、整理したほうがよさそうですね。
  120kyoto1304080018
-2-

朝からベートーベンの曲を聴いています。
いまピアノ三重奏曲第7番って表示されています。
CDからパソコンのハードデスクに取りこんだものです。
ウインドウズメディアプレーヤー、ソフトウエアです。
CDからHDに、総計500枚近くをコピーしています。
再生するのにパソコンは便利ですね。
音響のいい大きなスピーカーじゃないけれど。
充分に聴ける音質だと思っています。

パソコンでなにもかも処理できるんですね。
食べること、匂うこと、これはダメですね。
映像を見る、音楽を聴く、文章を読む、この三つ。
かってなら、別々にあったものが、統合されて。
制作するのも、パソコンを使って、します。
以前には、なんていうのは古いですね。
いまはいま、いまの時代に生きてメディアを使う。
スマートフォーンは使っていませんが。

もう65年余りを過ごしてきたこの世のできごと。
時代の変化というか変容というか、様変わりです。
昔はなんてことは野暮なことですけど、すごい時代です。
書店へ行かなくても、読める、見れる、ですね。
そんなコンテンツを世界から集めることができる。
かって書店でしか手にはいらなくて、といったことが。
いまやパソコンとかスマホとかで、手に入れられる。
ボーダーレスな時代、ソーシャルネットワークの時代。

写真を撮っているけどデジタルカメラです。
フィルム時代からみれば、めちゃくちゃ使い良いです。
なによりお金がかからない、魅力です。
この10年をみてもデジカメ環境はものすごく変わった。
1000枚の写真が、90分の動画が、撮れちゃう。
フィルム1本36枚時代には想像できなかったこと。
でも東松さんはこのことを30年前に予測していたみたい。
  120kyoto1304080022
-3-

おととい10日は平野神社の桜祭りでした。
何年か前に取材していてHPにもアップしています。
今年は、あらためて写真を撮ろうと思ったわけ。
ところが沿道にロープが張られています。
以前にはそんなふうになっていなかった。
もっと自由に写真が撮れた。
昨今のことだから事故防止でしょね。

明後日の14日はやすらい祭りです。
玄武神社のお祭りで京都最古とか。
我が家が氏子になるから自分の祭り。
子供のころから聞きなれたお囃子。
赤い衣を着た踊り手四名若い男子です。
長年この世にいるといっぱい経験しています。
その経験がゆすられて感動しちゃうんですね。

年を取るにしたがって涙もろくなる。
年を取るにしたがって感情が剥き出しになる。
年を取ると扱いにくくなる。
なんてったって年寄は邪魔者です。
生産活動を担っていなくて消費者です。
とかくこの世は住みにくい、漱石?。
ぼくもその部類にはいってきたのかなぁ。
  120kyoto1304080026
-4-

今日は4月30日、4月の末日。
昨日は奈良、明日香の万葉文化館へ行きました。
万葉集にちなむ日本画と写真展。
写真は荒木経惟氏と繰上和美氏の競作。
いろいろと参考になりました。
写真の現在、どうとらえるか、です。

明日香、飛鳥、その地域へは初めて行きました。
飛鳥寺の釈迦如来像とか、日本最古と書いてあった。
それから高松塚古墳、見に行きました。
明日香村、明るい風景が、暗くはないですね。
文化が育む陽の世界、そんな感じがします。
明日香って字も、なつかしい、記憶があります。

陽といえば陰、この二つのイメージを思います。
ぼくはおととい28日が誕生日で67才になった。
なるべく陽の方向で目をむけていきたいと思っています。
でも、陰、影、日の当たらない処、あるんですけど。
残る時間、残る年月は、陽気にいきたいと思う限り。
表現は、それだけではいけないのかも、なんて思うけど。
  120kyoto1304080032
-5-

早くも5月の中旬。
昨日は初夏の暑さかと思っていたけれど。
今日は少し寒いくらいの気温です。
毎日、なにをしてるんやろ、なんて。
確かに時間の中で作業をしているわけだけど。
それがいったい、何になるんやろ。

昨日は、稲垣さんとふえろう村塾へ行った。
養豚場で、豚肉、ロースとヒレを買ってきた。
稲垣さんにはたいへん世話になっているところ。
なにかと懇意になって、いい友だち関係。
もう30年来の知り合い、お付き合い。
稲垣さんは、まれにみる美徳の人物です。

釜ヶ崎の運動に身をささげ、闘っておられる。
ぼくなんかとは、その精神力が違うんです。
死ぬときって、なんて話題で言葉を交わしたり。
生きざまのこと、幸福とは、みたいな。
彼ももう70才に近い、ぼくだって67才だ。
老年、それにふえろう村塾の三浦さん。

三浦さんは、少し若いが、後継者をどうする。
なかなか養豚運営、きびしいんやろなぁ。
なにかのご縁で、知りあって、豚肉を買ってあげる。
ふえろう村塾で写真を撮って、なにに使うかはこれから。
連帯フェスタでは、ハンバーガーの店をだしてた。
来年も、また、連帯フェスタが、行われるのでしょう。

人との縁、ぼくはそんなに多くの人はいない。
長澤さん、岡田さん、稲垣さん。
懇意な人って、こんなところでしかない。
利害をもたない関係にして、長続きさせたい。
もう、あと、残すところ、どれだけなのか。
なにかと思うこと多いけど、時間がない。
  120kyoto1304080034
-6-

雨が降ってきました。
日曜日、午後4時前、中途半端な時間。
第三番「英雄」のこれは第一楽章。
オーケストラの音がパソコンからでてきます。
マルチタスク、1980年代にそんな言葉を読みました。
パソコンからスマホの時代になって、ますます便利に。
世の中、革新、革新、革新だらけ。

カメラはデジタルになって、コストがかからない。
かってフィルムを使って撮影してた時代。
まあ、あと処理に時間がかかる、経費がかかる。
それからみたら、デジカメ、夢のようです。
フィルムと比較する向きもありますがナンセンス。
そんなの時代とともに劣化していく論議です。
フィルムはフィルム、デジタルはデジタルです。

キャノンG1Xって機種を使っています。
その前はキャノンG11、G1Xの方が画質はいい。
でもG1X、接写が使えないから、G11も使うはめに。
微妙に操作方法、露出などが違うから、戸惑う。
新しい機種が、確実に進歩してる、とは言えない。
これは、個人の趣向と進歩がかみ合わないときです。

上位機種の一眼カメラが恐らく性能的にはいいだろう。
でも撮影する対象によって、最適なカメラを使わないと。
まあ、スナップ写真では、G1Xが使い良い。
確実にピントを合わせるためには、手動が必要。
でも、オートに馴れたら手動なんてめんどくさい。
シャッターを多く切って、そっからピントが合ったのをえらぶ。
そんなふうにカメラを使って、カメラマンしています。
  120kyoto1304080039