京都で写真を学ぶなら
 <京都写真学校>

徒然日記
2013.3.29~2014.1.14
    120siryo1310180001
-7-

宝塚メディア図書館の蔵書の写真集。
この写真集をひろげて、写真に撮っています。
ページを作家別にして、写真の歴史が俯瞰できるように。
この前にはブログで名取洋之助から、数人分、作りました。
そうこうしているうちに、やっぱり関西の流れも、と思った。
浪華写真クラブ、丹平写真クラブ、シュピーゲル、等々。
1930年ごろから、掘り起こしていこう思うところです。

思うまではよくって、少しやり始めると欲がでてくる。
だんだんと大きくなってきて、それをやろうとする。
それが大きすぎて、けっきょくできなくなる。
途中で行きずまってしまう。
目が疲れてきて、見えなくなってきた。
思うことだけは思うけど、中味がともなわない。
それなら最初からやななければいいのに。

歴代の写真家たちを取り上げて、何を見ようとしているのか。
作品、そのイメージ、こんな写真、あんな写真。
でも、その時代と、今、年月が過ぎ去って、見方も変わる。
何のためにとってたんやろ、と思う。
仕事で写真を撮る職業なら、クライアントのために。
では仕事ではなくて、撮る写真は、何のために?。
この「何のために」の中味こそを、明らかにしたい。

釣りとか、ゴルフとか、ヨットとか。
ぼくは全くしないけど、これと同じレベルで写真。
趣味とか遊びとか、そういう範疇で括れる。
そのために、人が集まり、競い合う。
コンテストとか、グループ展とか・・・・。
でも、そうではなくて、何ンのために撮るのか。
これが時代と共に変わってきていると思う。

文学との共通項、写真を撮ってまとめる。
その行為は、自分を表現する手段として。
自分の内面を見つめる作業につながる。
ぼくの文学体験からくる、そのあり方論。
それを写真を撮っていく、あり方論に転用だ。
おそらく、どうなんやろ、内面の記憶と記録の表出。
もうちょっと具体的に、書き出さないとあかんね。

-8-

2013.6.1
音楽CDをパソコンに取りこんで630枚ほど。
クラシック音楽が主ですが。
パソコンの能力が向上したから音もいい。
バッハから始まって、映画音楽とかまで。
いちおうクラシック音楽といえるものを網羅か。

写真においては、自分が撮った写真が。
それと歴代の写真をコピーしておきたい。
そう思っても、なかなか進まない。
つい最近、日本の写真家の写真をコピーしている。
ぼくのなかで、関係する作家と写真集からの抜粋。

写真の歴史をまとめたいと思っています。
写真史の外観をならべてみる。
作家とその作家の写真を一記事にして。
関西の写真史1980、ってのもやってる最中。
なかなか、次に進まない、気持ちが、です。

写真を撮る、ちょっと遠のきそうです。
撮らなくっても焦らないようになっています。
実質、京都は終わった感じもします。
花にチャレンジだけど、これはこれから。
とはいっても、興味的には、つなぎですね。

作家を名乗りはしませんが心のなかは。
けっこう複雑な心境です。
ただ淡々と撮ればいい、なんてわけにはいかない。
自分のなかでの葛藤ですね。
ちょっと区切りの年になるかな。

-9-

宝塚市逆瀬川にある宝塚メディア図書館。
そこへ週に一遍、行くことになって約一年が経ちます。
10年ぶりのことだったから、戸惑いがあったけど。
だいぶん気持ちも通勤にも作業にも、慣れてきた。
たぶん、最後のお招きであるように、思えます。

なんてったって、自分では自覚しないけど、年が。
高齢になるということは、それだけ動きが鈍くなる。
前向きのエネルギーが少なくなってしまう。
このエネルギーは体力に関係してると思うけど。
ふんばりがきかない、集中力がなくなる。

そんななか新しいシステムとして、宝塚メディア図書館。
お呼ばれして、入れてもらえて、とってもうれしい。
人との関わりが、つまり世界との接点になるから。
たぶん、最後のチャンスだと、思えています。
人間、仲間がいないと、淋しくって虚しいものだ。

昨日は光影会の撮影会で越前海岸へ。
今日は京都写真学校の開講日。
なにかと時間が詰まってくると撮影がおろそかに。
京都の写真ももう取材ストップというところ。
気持ちの成り行きにまかせて、ストレス溜めないように。
  120tabi1306080024
  120tabi1306080025
-10-

ベートーベンの英雄、第三番ですけど、いま聴いています。
聴いているというより、パソコンから流れてきている。
ちょっと違うなと思ってみたら、バーンステインの指揮。
いつもカラヤンのベートーベンを聴いているから。
でも、いま、思い出したけど、高校の時はバーンステイン。
どっちかゆうと派手な大ぶりなイメージのバーンステイン。
いまやどっちでもいいわけですけど。

この徒然日記と愛と癒しのと花のワルツ。
続けて書いたけど、三つのブログですが。
ぼくの個人的な、私的なといっても公的な。
言葉をつらねているブログです、お遊び。
いろいろと使い分けていて、たくさんあるんです。
フェースブックとツイッター、これも使っています。
記事はブログで書いて載せて、SNSへ転送しています。

いちおうブログは、開かれていて、誰でも見れる。
SNSは会員に登録しないと、見れません。
ぼくの発表するものは、すべて一般公開です。
一切の限定はつけていません。
危険とかリスクがあるとか、そうかも知れない。
でもそれ以上のメリットがあると思っています。

ほんとうの日記は、おもてには出せません。
表出する中味は、読んでもらってもいいもの。
匿名にしてないかぎり、やっぱり表面、繕います。
言葉も可能な限りつぶして、文体つくり、します。
文筆家になれなかったけど、しやないですね。
もちろん写真家にもなりきれていませんけど。
今日は、ここまで、久しぶりでした。

-11-

どうも最近は鬱気味ですね。
原因がどこにあるのかわからないけど。
年齢的なこともあるんでしょうか。
ハッピーに、とは思っているけど、いけない。
前向きの姿勢が、後向きになってる気がする。
一人でいる時間が多いからかも。

置いて行かれてる気分です。
時代の波にのれていない。
悠々自適なんていいほうに解釈。
世間から抹消されてしまうんではないか。
なにかくらいこと書いてる。
書くことがなくて、行き詰まります。

外向きのネット中毒にかかってる。
そのように思えるけどやめられない。
ああ、たばこのときも、そんな感覚だった。
やめることは、失うこと、喪失感。
世間との窓口、良きにつけ悪きにつけ。
他者との接点、でもみんな遠いところにいる。

-12-
  120tabi1307060009
今日は月曜日、金土日の出来事を書いておこう。
金曜日は、宝塚メディア図書館へボランティア。
この日は大阪府庁へ、以前のWTCビルの38階へ。
NPO法人の件で相談、ということで行った。
かってIMIがあった場所だから、感慨深い気持ちでした。

それから土曜日は、光影会の撮影会。
日本海の舞鶴から高浜へ連れていってもらった。
舞鶴は20年前に単身赴任していた街だ。
引揚記念館、海上自衛隊見学、あじさい園へ。
高浜は七年祭ということで神輿を写す。
神社から海へ、神輿を中心に撮った。

それから日曜日は、京都写真学校の開講日。
受講生が一人となった9年目だ。
カリキュラム等について、いろいろと悩むところだ。
なにかと勉強不足で、「いま」に対処できていない。
最近情報については、そのように思えて仕方がない。

三日間、連続で外出すると、疲れます。
今日は午後から植物園でも、と思っていたが。
いやはや、天気が良すぎて、暑くて自宅待機だ。
自宅待機だと思うことじたいが、老いた証拠だ。
これを書いていて、そのように思う。
というのも、ひところは、だから撮影となったわけだ。

いすれにしてもストレスを感じないように、と。
何事も重荷にならないように、と。
悠々自適、マイペースで、なんて思っているけど。
やっぱり気になることだらけ、凡人だ。
思うように年老いて枯れていけるのかどうか。
外的には高齢者の部類に入った自分だから。