中川繁夫写文集

2014年05月

自然というかたち-1-
2006.11.2
     300200610230032
なんでもモノには形があります。そこで自然の形を考えてみます。自然のかたちには総称として、空と海と大地があります。かって宇宙創成から、地球が出来て、闇から明へと移りきて、空と海と大地に別れて形となった。海と大地は地球上の表面だから、二つにわけると、空と地球の表面という区分になるかも知れない。

ボクの興味は科学的興味であると同時に非科学的興味もあります。何が科学で、何が非科学なのかなんて、いまここでは論議しないけれど、概念として<空と海と地>を違う形として認識するわけです。

そこでぼくは、どっちかゆうと論理タイプの写真を撮るたちだから、この外枠を想定して、取材しはじめたというところです。ぼくの想いでは、<空と海と地>これを自然の器だとおもうわけで、ぼくが日常にいる場所において、カメラをそれに向けていこうと思ったのでした。

ということで、今日の写真は、痕跡シリーズと名づけたうちの<空>から1枚をアップします。

自然というかたち-2-
2006.11.5
     300200610230056
この海は日本海、越前岬の近くから大陸の方へカメラを向けて撮った写真です。
この被写体となった海の生成は、約2000万年から1700万年前だとされています。つまり大陸続きだったのが、日本海として広がりだしたというのです。
その頃の区分を新生代第三期とされていて、恐竜時代が終わり、哺乳類が進化してくる時代だというのです。人類の出現は、200万年ほど前だったとあります。

地球生成の全時間から見れば、この海の生成は比較的新しいといえるのかもしれません。とはいえ一言で、にせんまんねんまえ、なんて言ってしまいますけど、おそろしいほど膨大な時間なんですよね。
この項では、ちょっと科学的視点から、時間を遡ってみました。

自然というかたち-3-
2006.11.14
     300200611090016
地表に生える植物、どちらかというと陰性植物とイメージする苔の類があります。ぼくは、この苔の類を、生命のよみがえりというイメージで見つめています。空があり海があり地があります。空と海の現象により地に植物が生える原基が、苔のような気がします。動物が死に土に帰ったのち、再び生命としてよみがえる精気をもって、苔の類があるように思えるのです。

苔は動物ではありません。苔は植物です。植物ということを、ここでは大地から栄養素を吸収して、その生命を維持していく装置を備えた生き物だと定義しているわけです。この苔の類は、比喩的に人間模様を示唆してきます。苔は群生します。密集します。触覚をのばし花を咲かせます。じっと見つめていると、宇宙の縮図を見ているような錯覚がします。

自然というかたち-4-
2006.11.23
     300200611210019
この木の葉は、秋になると色づき、落葉します。
木々の生の営みを四季を通じてみていると、不思議な気持ちに見舞われてきます。自然の営みだといえば、それで解決することではなくて、その生の営みにたいする驚異と畏怖の気持ちです。

自然というかたち-5-
2006.11.29
     300kamo0611280006
自然というかたちについて、いくつかの枠を考えて区切ってみて、空、海、地に生える苔、木立の葉、そうしてここでは<地>です。写真に説明は不要なのかもしれないけれど、この地は<さざれいし>と銘打たれて、下鴨神社の境内にあったものです。

これにて自然の5つの枠組みが揃ったわけです。ええ、ぼくのこれからの写真を集めていくテーマとなる枠です。そのように考えて、夏以降、写真にしたためてストックしています。このほかに<花>の枠もあり、そうしてまだ未着手<動物>、それから<ヒト>、ぼくの構想は、世界の構図をつくりたいとの思いです。
<リンク>
中川繁夫寫眞集
中川繁夫の寫眞帖
中川繁夫の釜ヶ崎寫眞帖




自分自身研究室-1-
2006.10.8

ここに至って自分自身を研究する枠組みをつくっていこうと思ってしまって、自分自身研究室なるものを作り出したというわけです。
そこでなにをするのかとえいば、悟る、悟りを開く、そのための心を養うために、わけのわかったようなわからないようなことを言い出したわけです。

外向けにいろいろな仕掛けをつくって、その仕掛けを動かしていくことを、これまでにいくつか携わってきたんですけど、いつも気になっていた自分自身という器です。
自分が自分を研究するなんて、どうしたらええんやろ、なんて思いながら、恥ずかし気もなく、自分自身研究室なんて設定してしもた、というのが実態で、中味はこれから、考えていくことにします。

綜合文化研究なんて枠をつくり、地域文化研究の枠をつくったんですけど、どうも腑に落ちない、いったい自分は何なんだ、という疑問について少し思いをめぐらせてみようとしているわけです。ある意味、いまどきのテーマだと思っているわけで、ここにのろしをあげたような次第です。

掲載の写真、ぼくのいちばん古いぼくが写った写真。二歳から三歳くらい、いや一歳かもしれない、いちばん古い写真です。いまにいたる面影があるなぁと思っています。
   800siryo0502040050
自分自身研究室-2-
2006.10.9

自分自身への興味を分けると、ひとつは身体のこと、ひとつは心のこと、この身体と心への興味です。
ぼくの身体は男体です。機能的に男体です。偽りなく男体です。
生まれてきて、成長してきて、生殖機能が成熟してきて、生殖させて、その機能が衰えてきて、そうして死滅していく最中にあります。
このように身体についての区分は、単純明快なわけだけれど、心っていう領域を想い描くとき、そこが混沌としているんです。

男らしさ女らしさとゆうときの「らしさ」のことです。
男は男らしく、女は女らしく、この「らしく」を含む「らしさ」です。
ここに世の中へのエージェンシー、コミュニオンが関係してくるんですね。
世の中での見かた語られかたと自分の心のありかたとの関係です。
ぼくはいったい男なのか女なのかと質問して、返る答えは、男らしくもあり女らしくもある、という感じなんです。
こういう質問と答えは、ぼく自身を混乱させ、錯乱させてしまうのですが、自分自身研究の入り口が、ここにあるような気がしているんです。
   800siryo0502040052
自分自身研究室-3-
2006.12.5

自分自身研究室を開設してはや二ヶ月が経ったんですけど、いっこうに進展しない現状です。そりゃそうなんです、自分自身研究なんて言ったって、何をどのようにしていけばよいのか、迷ってしまうんですね。本音で、こころのなかを開くと、たぶん発禁になっちゃうだろうし、そうかといって履歴的なことを書いてもしやないし、なんて思っているところです。

でも、自分自身研究室を立ち上げたことによって、意識の上で、変化が起こってきてるようにも思えるんです。それまででも、自分って何?なんて自問してきたとこだけど、あらためて、考えたり、思ったりする機会に恵まれてきて、文章にはでけないけれど、写真が撮れるようになってきたと思っています。

ここに載せた写真は、今日撮った写真で、木の根っ子です。地面から、地中に根を張り、地面から、地上に幹を立てる樹木です。イメージとして、これは男イメージなんですけど、この地面の上下の様子が、何かしら自分を研究するヒントを与えてくれているような感じだといえばいいのでしょうか。まあ、まだ始まったばかり、とはいえ、デカルトさんとかカントさんとか、一生懸命考えてこられた経緯もあることだし、少しずつ紐解いていくしかないなぁ・・・。
   800siryo0502040054
自分自身研究室-4-
2006.12.26

別の場所で、日々淡々と流れる、なんて書いていますけど、それはウソで、日々が淡々と流れているわけがない、と内心は思っているのですけど、血みどろだというほどの過激なものでもないな~、ただ怖さはあるわけで、過ぎ去ってきた過去を思い出すこともしばしで、特に少年期の出来事を思い出すことが多くなってきて、あるひとがゆうには、死期が近づいているのでは、なんて脅かされると、もう必死な気持ちになったりするから、やっぱり血みどろなのかな~、と過激に思ってみたり、つまり、ぼくの意識というものが醒めてあるとき、いつも網膜に映る光景を見ていたり、目を瞑っているときには、妄想が湧き出てきたり、それといっしょに感情が浮いたり沈んだりしていて、もう始末に負えないんですよね。

始末に負えないとはいっても、どっかで辻褄合わせをしていて、決して狂気のなかにいるとは思ってないから、読んだり聞いたりしてきた過去の記憶のなかに、ぼく自身がなにものであるのかを知る手立てとして、写真を持ち出してきて、自分の痕跡をたどってみたりを試みているんですね。ここに三枚目の写真、ぼく自身が保有している、ぼく自身がストレートに映っっている写真があります。向かって左がぼくで、右が弟で、いくつのときだろう?小学生になっていたのか、その前だったのか、記憶はあいまいだけど、撮られた場所は西本願寺の門を潜ったところで、そこにカメラを設えた写真師さんに撮られたものです。覚えているんです。写真師さんが鳩を呼び寄せるために餌をまいて、鳩が足元に寄ってきたところを撮ってもらった。

この写真なんかの場合だと、ストレートにぼくが写っているから判りやすいんだけれど、記憶のなかの光景を求めて、記憶の現場に立って写真を撮っても、ああ、そのときこそ淡々とした写真でしかないように思えるのです。いいえ、ぼくにはその淡々風景が、記憶の光景とダブっているから、まだリアリティがあるように思えるんだけど、他者においては、なんら意味をなさない、淡々とした光景でしかないと思っているのです。自分自身研究の切り口は、ここかもしれへんなあ、小説を書いたり、写真を組み合わせて物語を作ったりして、フィクションする原形が、ここにあるのかも知れないですね。
   800siryo0502040053
自分自身研究室-5-
2007.5.6

写真の右下に1955.8とあるから、ぼくが9才のときです。今を遡ること52年前ということになります。男の子も女の子も浴衣すがたで、記念写真を撮ってもらった写真です。この写真は、ぼくの手許のものではなくて、知り合いが持っていらしたのを、複写させてもらったものです。この写真があったことは、記憶にあります。

写真を見ていると、記憶が甦ってきます。かなり具体的な記憶が甦ってきます。それらの日々が写真を見ることによって、甦ってきますから、写真は記憶を甦らせる誘発剤ですね。それと同時に、そこに定着された自分の姿が、9才だったときの自分の姿が留められているんですね。自分が自分であることを、こうして写真を介して確認するんですね。

自分が自分自身であること。この自分自身とは、いったいなんなんやろなぁ。浮遊して、前後の見境がつかなくなって、自分のいる場所がわからなくなってしまうことがままあります。現実の世界と虚構の世界を区別することができなくなってしまうことがままあります。そうゆうときに<時>を序列化し、現実を立体化させて虚構を排する作用を、写真が持っている。そうしてノスタルジックに、自分を安定させてくれます。
   800siryo0502040055
<リンク>
中川繁夫寫眞集
中川繁夫の寫眞帖
中川繁夫の釜ヶ崎寫眞帖


愛と美について
2006.8.26~2006.11.2
    800hana1102210005
まあ、なんて滑稽なタイトルなんでしょうね、愛と美だなんて・・・自分でもそう思ってしまうほどに、古いフレーズですよね。なんか、ふっと記憶の底から湧き出てきた言葉、そういえば太宰治って作家のタイトルに「愛と美について」なんてのがありましたね。太宰治って本屋さんへ行けば、文庫本でお勧め小説として並んでいるから、いまもって古典的現役小説なんでしょうね。そういえばボクだって、ええっ、40年前になるんかいな、ファンといえばファンでありました。その当時、筑摩書房から太宰治全集が出るっていうので、発売を待ちうけながら、貪り読んだって記憶がよみがえってきますねぇ。

愛と美について、まあ、そんな記憶があって、そういえば自分流に、愛と美について・・・、なんて呟いているんですね。ううん、最近、この愛と美っていうイメージについて思うことが多くなってきているんです。あっちゃ流に言い換えれば、エロスとカロスについて・・・。このブログのタイトルを「徒然えろす日記」なんて付けてるから、そうゆうことで言い換えれば「徒然愛日記」ってことになるんですね。まあね、愛って概念も漠然としていて、愛とは何?ってことも考えたいな、って思っているところです。

かって転向なんてことが文学研究の対象になっていたことがありました。亀井勝一郎なんて文学者が、左から右へ転向してしまうってことがあったと思うんだけど、ボクも、いま、ひょっとしたら転向しだしてる。転向というより、基から資質としてあった日本的な美が、賛美とはいわないけれど、素直に気持ちに直結してきたな、って思うんです。谷崎とか川端とか、昔読んだままだけど、彼らの晩年期のエロっぽさに、なんとなく理解できるよなぁ、って感じで、愛と美について、ボクがこれから知りたいイメージの大きな枠が、これのようにも思っているのです。

えろすという愛
    800hana1102210006
「えろす」という言葉を、国語辞典で引いてみると<ギリシャ神話の恋愛の神>と書いてあり、<愛>とあります。ボクが愛用の国語辞典は、中学生になったときに買ってもらった辞書で、昭和31年に初版、角川国語辞典です。えろすの隣に「えろちっく」 という言葉があり<性的。扇情的。肉感的>とあります。また、「愛」という言葉を国語辞典で引いてみると<かわいがること。大切にすること。いつくしむ心。男女が思い合うこと。>とあります。

愛と美について、なんて言葉を思い出したかのように話題にしてから、ボクが最近頻繁に使う「えろす」という言葉のイメージを明確にしたいと思いだしているのです。自分自身に引き寄せて思うと、ボク自身の肉体的衰えを日々感じてしまうことの反動として、意識してしまうのだと感じています。

ボクとしては、おおきなテーマとして<愛>というイメージを、文章とか写真に置き換えていきたいという想いがあるんですね。だから、その外枠を自分ながらに作っておきたいと思うわけです。たぶん、愛という形のなかの部分として、「えろす」という愛の形があるようですね。愛イコールえろすではなくて、愛にはいくつかの形がある。このように、いま、思っているわけです。

にっき20060930
    800hana1102210007
ケン・ウイルバー著・万物の歴史の序論冒頭に、セックスとジェンダーの話が記されているんだけど、単の読者をひきつけるためのテクニックということじゃなくて、知的興味の先端がここに行き着いてきているんだ、と思っているわけです。単純ではないけれど、ぼくもそのように思っているところがあるから、ここに話題として書いているわけで、顕在化させていこうとしているのです。

ぼくはまったく専門家でも運動家でもないので、野次馬なんだけど、セックスという言葉、ジェンダーという言葉、を読んだり書いたりするときって、けっこう複雑な心境にいるんです。このブログタイトルも、徒然えろす日記なんてつけて、なんとなく人の興味をひきそうな感じがして、でもちょっと後ろめたい感じもあって、複雑な環境に置かれてしまうわけです。

つまりここでゆう「えろす」領域について、非常に現代的な未来志向のテーマだと思っているんですが、どのように地図を描けばいいのか、まだ未確定で、ゆらゆら揺れているところです。数日前から、美しい○○、なんて言い触らしだされたけれど、それをも包みこんでしまう「えろす」なんだといっておきます。

えろすは生きる力
    800hana1102210008
けっきょくえろすとは何かといえば、生きる力そのエネルギーの発露だと思えています。生命力そのもの、からだが生き生きと成熟しているさま、イメージとしてそのように思えてきます。いま、このようなことを、ここに書いてる自分という器は、そのエネルギー減退の危機にさらされているからに他ならないと思っています。からだに若さがあったころ、あえてこのようなことを書かなくても、十分にえろす、つまり生きる力に溢れていたように思います。ところが歳を経るにしたがって、昔ならこの世とおさらばする歳になって、えろす恋しや、の気分が起こってきているのだと思うのです。減退していく生きる力に掉さすために、まあ、こんなタイトルをつけているわけですね。

気分入れ替えて
    800hana1102210011
気分を新たにして、ちょっとぶつぶつ呟いていかんとあかんなぁ、って思い出して、久々、記事を書いてやろうと思った。字を並べて、意味不明にしてもいいかなぁ、なんて思ったりして、あんまり深刻にしてもおもしろうないし、ええかげんにえかげんなことを、ええかげんにしていこう。とゆうのも、しょせんええかげんなんだと思うから、論理詰めていこうとしても、しょせんええかげん、にやったら、ええかげんなこと書いて、まあ、お遊び気分がええのやろなぁ。

というのも、気分、気持ち、情、この揺れ動きに注視していて、それを言葉にしていくことが至難のワザだと思いだし、ちょっとこのかたご無沙汰していたところでした。どっちみち汚していくだけやから、ここは、あっけからん、いいたいこと言って、っていっても言いたいこと言えないんだけど、そこそこごまかして、乗り切っていくか~!これが気分の入れ替えってことだと思っています。

えろす気分
    800hana1102210010
熟した柿を二つに割って、中を覗き見る。
じゅるじゅるに熟した柿の味はえろす気分を味わっている感じです。
生きているという現象のなかに、気分としてこの柿の中味のような感覚があると思っていて、なんだか湿っぽい体内が疼いているような気になっていきます。
視覚と味覚はえろすの代理体験なんだと思います。

色写真
    800hana1102210012
写真機をもって30年を越えたんですけど、3年前にキャノンのデジカメを買って撮影再開、いっぱい撮りだしたんです。ええ、カラーフォト、色写真です。昔なら天然色写真といってた代物ですね。いろ、色、色彩、いいですねぇ。モノクロ、ゼラチンシルバー、白黒、経費的にそれしかできなかったころからみると、いいですねぇ。

色があるということは、この世の色を感じるということにつながって、この世の色が、色艶につながって、色艶の領域を<えろす>と規定して、色写真を撮ろうと思って、世間的にもボク的にも、色艶写真を集めだしたとゆうことです。歳とって色艶に魅了されだしてきたのは、そうやねぇ、からだが侘び寂びてきたからなんやろなぁ。

<リンク>
中川繁夫寫眞集
中川繁夫の寫眞帖
中川繁夫の釜ヶ崎寫眞帖

洞窟の奥は闇
2006.7.28~2006.8.18
    800hana1102210001
地球ってゆう物体の表面にぽっかりあいた穴があり、そこへ這入っていくとね、光が届かない、闇になっていくとゆうじゃありませんか。そんなのを洞窟って云ってるんですね。ものの本によると、そんな洞窟にね、手形(ネガティブ・ハンド)とか、動物の絵(馬とかビゾン)とかがあるといいます。それらが描かれたのが、いまから2万5千年ほど前のことだとゆじゃありませんか。南仏にあるアルタミラやラスコーなどの洞窟で、旧石器時代の出来事だとゆうじゃありませんか。

その洞窟の内部は、光が届かない闇です。当時のヒトが、火を持って這入って、描いたのだといいます。わたしが、興味をもって驚くのは、そうゆうことをしたということ、それ自体なんです。その行いは、ヒトの心が形成されてくる、最初のころの出来事だともいいます。わたしはいま、想像力をはたらかせて、そのころのヒトの心を知ってみたい気持ちにさせられています。いいえ、わたしは、そのころのヒトになってみたいと願望しているのかも知れないです。

混沌としたヒトの内部意識は、洞窟にたとえられると思っています。表面、光が届くところは見える、意識できる。でもね、だんだんと光の届く量が少なくなって、ぼんやり、うっすら、そうして闇になる。その闇を見てみたいな~っと思うわけです。見えないから闇であって、見えるところは闇ではない。意識できることは、闇ではない。心のなかにイメージをつくることは、闇ではない。それでは、闇というものは意識できないから、無いのだとは言い切れない。有るとも無いとも・・・。

有るけれど無いとしか思えない処は、闇、ヒトの中にある洞窟の奥です。わたしが存在する証である身体。有機体として生理活動をおこなっている身体。この身体細胞に依存する物質が、寄り集まって、心にイメージを立ち昇らせる。そんな作用を起こすのだともいいます。目の前にあるモノを見たとき、音を聞いたとき、匂いを感じたとき、触れて感じる感覚。そういうときに反応する物質が、闇のなかに漂っているのかな?

そうですね、いま現在だったら、デジタル電子信号がメモリーに蓄積されていて、ある操作によってモニターに現れる、そんなことと類似なんですね。いやはや、メモリーに蓄積されたデジタル信号は、わたしの身体、特に脳に集約されるグジュグジュ物質の、もうひとつの、別の塊だと思えばいいのかも知れないですね。で、其処は闇、有るけれど無い処だとはいえませんか。

闇からの声
    800hana1102210002
闇からの声が聴こえるということが、ホントにあるのかウソなのかはわかりません。でも、ヒトのこころに闇があり、その闇を鎮めるかのように、善行を尽くし、手を合わせて祈る、ってことをするじゃありませんか。とある場所に赴き、魔界に入り、そうしてインスピレーションってゆうか、闇の彼方からの声と交信する。このように感じられることがあります。

この世は色で埋め尽くされて、心はぐじゅぐじゅ、生きることじたいが苦るしみだ。なんて思うときがあります。闇というと地獄とか、地の底とか、洞窟の奥とかのイメージです。それじゃ~天上の彼方からは、光が降り注ぐイメージで、あこがれ、ひたすら祈り、恩恵を待つ・・・。ボクは、夏の日々になると、魔界といわれる世界に棲むようになります。いいえ、心が傾いていくとでもいえばいいのでしょうかね。この文化土壌から刷り込まれた宗教儀式を、よみがえらせていくのです。

お盆です。ボクには、闇からの声として、それらの日々に聴こえてくる感覚があるのです。決して天上からの光が見えるのではなくて、地下から、いいえ洞窟の奥から、悪夢のような声が聴こえてくるように思えるのです。生への渇望はえろすです。この色に満ちたえろす感覚を、消滅させていくその奥に、闇がお控えなすっているのですかね。きっと闇ってゆうのは、ヒトの気持ちを、恐怖と畏怖を混ぜ合わせたような、感覚にさせてしまう代物なんですね。

闇の声へ
    800hana1102210003
もうこの話は50年も前の出来事ですが、ボクは拝みやさんの護摩焚き神事の真っ只中で、奇妙な声を聴いたのです。<心配せんでもよい>という女の太い性質の声でした。当時、ボクは小学生低学年だったから、1950年代初めごろです。

拝みやさんというのは、金閣寺の裏、衣笠山の麓にある身代不動尊から、一年に一度、自宅神棚の下で、ホウラクに積み上げた護摩木を燃やして魔よけをするのです。白装束のおばさんが、呪文を唱え、ええい、やあぁ~!って大きな声を出すのです。組んだ手指を人差し指だけ合わせて突き出し、ええい、やあぁ~ってやるわけです。そのとき声が聴こえてきたのです。ボクは、狐に抓まれたという表現のとおりに、狐に抓まれたようなのです。

参考のために記しておきますと、この神事で燃え残った護摩木の炭を、大事に保存しておいて、熱が出たとか、腹痛とかが起こると、おばあちゃんは黒炭を砕いて、ボクに飲ますのでした。小学生だったボクには、そのありがたさが判らなかったけれど、薬として飲みました。ええ、もちろん熱が下がり、腹痛が治ったのだと思います。炭素を腹に入れて、自力で治っただけでしょうね、ホントはね。

その声(女のヒトの声でした)が、幻聴だったのかどうなのか、ボクにはわからない。しかし、たしかに聴こえたのです。このはなしを同席していた叔母に言うと、叔母は、笑ってこのはなしを真剣に聞いてくれなかったのですけれど・・・。ボクには確かに聴こえた、と今でも思い出したかのように思います。

今日、ぼくはその拝みやさんが住んでいた場所へ行ってみました。50年ぶりのことです。記憶の谷間から光景が滲みだし、そうしてボクは祠のある場所で写真に撮ったのです。そこは氷室と呼ばれる処です。かって池があったところは、小学校の運動場になっています。ボクは原谷へつながる道路から、小学校の縁を辿って、裏手へまわり、そうしてその場所へいきました。衣笠山身代不動尊です。うんうん、記憶のままに祠があって、ちょっと不気味な感じの、霊界です。かなり朽ちているから、今はもうだれもいないのかも知れない。信者さんが細々と管理していらっしゃるのかも知れないと思ったのです。

祠の周辺を写真に収め、自動車道路に出たころから雲行きが怪しくなり、それから金閣寺の前まで歩いて戻ってきたときに、雷がごろごろ鳴りだし、大粒の雨が降ってきました。ボクの記憶は、不動さんの小屋へ行ったとき、激しい雷と夕立に見舞われた記憶。少年だったボクの夏の日のことを思い出しているのでした。

心の感情帯へ
    800hana1102210004

<心>と書いて<こころ>と読む。この心の問題です。生体としての脳作用をもって、心を解析するなんてことではなくて、感情を含む総体としての心、とくにその感情というものを考えてみたいと思うのです。感情の種類として、喜怒哀楽とは、実にうまく表現したものだと感心します。 この世にヒトの感情として、大きくはこの四つの種類に分類されています。で、この喜怒哀楽という感情は、自分の外界に対して感じる感情だといえます。

ここではもっと身体的というか、内発的というか、外界からの刺激に対して起こる感情ではない、身体欲求において発生する感情について解き明かしたいと思うのです。食欲、性欲、それに伴う快感感情、充実感情、つまり満ち足りた感情といった類の感情を有する心のことです。

というのも小説を書く、写真を撮る。そうして出来上がった文章や画像を触媒として、身体欲求をどこまで喚起させることができるか。ボクは、この問題に立ち入ってしまったようにも感じているのです。食欲を喚起させても腹を満たす代替はできないことです。で、性欲においてはどうだろうと考えているのです。ひょっとすると、これの代替は可能かも知れない。小説を書き、写真を撮る。そうして自分を含む他者への提示は、この代替作用を代替でなく、ホンモノとさせることにある。これが究極の目的だと考えているのです。

主客転倒、小説も写真も、現実、現物ではない。いずれも疑似体験させることで、現実、現物以上の感情を喚起させることができるかも知れない。この<かも知れない>可能性に向けて、ボクは小説が書かれ、写真が撮られるのではないか、と思うわけです。読んで、見て、感情を疑似体験させるだけにとどまらず、まさにナマ体験そのもの。いいえ、バーチャルなナマ体験として、ホンモノ体験をさせることができるかどうかなのです。

<リンク>
中川繁夫寫眞集
中川繁夫の寫眞帖
中川繁夫の釜ヶ崎寫眞帖

頭くらくら心臓どきどき-1-
2006.6.30~2006.7.19
      120kyoto1404020002
激しい頭痛のあと、くらくらする感覚が、わたしを包んでいます。ドッキンドッキン、どきどき心臓の鼓動が、内側から聞こえてきます。ああん、なんとゆう状態なんだろう。浮遊したこころとからだ感覚じゃないですか。ああん、もう、くらくら、どきどき、してる。疲れてんだよ、きっと・・・。そんな慰めのような声が、聴こえてくるような・・・。いよいよご臨終まえなんだよ・・・。そんな脅かしのような声が、聴こえてくるような・・・。

枠組みに沿った意味というものが、突然に消失してしまう。からだが昂奮しているんだ。ぐじゅぐじゅとした内分泌物が、汲みだされてくるような、そんな感じだ。極めてえろす的な感触だと思う。蠢くからだの細胞が、器官が、肉体がここにあります。境界は皮膚です。指があり目がある。いま、パソコンに向かって、指でキーボードを打ち、マウスでクリックする。目はTV画面をとらえて、言葉を読み取っている。

極私的くらくらどきどきを、メディアを通して発信していく。極めて政治的な闘争だ。既存の言葉が醸すイメージを発し、既存のイメージを定着させた画像を組み合わせて、発信していく闘争だ。ええっ?闘争って?ちょっと過激だよね。でもさ、ねえ、一方では戦争状態なんだ。ドンパチやってるんだ。アートが静観できるわけないじゃないですか。どうしてもそれを引き受けたうえで、アートを展開しなければ、いけないんだ。

あたまくらくら心臓どきどき-2-
    120kyoto1404020003
<男と女と・・・その境界線>

いやぁね、リアルな状態で、男と女の違いといったらさ、まづからだの構造が違うから、裸になってみりゃぁ判別できちゃう。でもからだは外面だから、こころの中、つまり感受性なんてレベルだと、どうなんでしょ?ややや、明確な境界線なんて、無いようなんですね。

バーチャルな状態で、ってゆうとネットワーク、インターネット、ホームページとかブログとかのなかで、男と女の違いといったら、そのなかで男か女かを名乗ることで、男か女に区分されちゃうような感じですね。男とも女とも名乗らないこともあるわけで、そういうときには、書かれた文体とか内容とかで推測していきますね。

男とおもえば女が群がるし、女とおもえば男が群がる。ちょっとゲスなはなしだけれど、男が女を求め、女が男を求める構図が、リアルでもバーチャルでも同じように起きる現象なんですね。そりゃぁ、そうですね。バーチャルな状態といえども、参加する主体は個体の男か女なんだから、客体に男女の別を求めるのもしやないなぁ~。

男のような文体をつくる女があり、女のような文体をつくる男があり、そいで男か女かの性別を表記してあれば、それはそれでそれなりに納得できて、男は女の表記に群がり、女は男の表記に群がる。そこで、現代ヴァーチャルアートの意匠を被せて、男が女を名乗り、女が男を名乗ると、どうなるか?

男が理想とする女を演じ、女が理想とする男を演じる。さて、 そこで標記の境界線の問題が提起されるのです。いいえもう、男も女も混合ミックスで、あっちへ行ったり、こっちへ来たり、つまり、男と女を行ったり来たり、まあ、こんな現象が起こっているのではないのかなぁ~と推測するわけです。

あたまくらくら心臓どきどき-3-
    120kyoto1404020005
わけがわからないときってあるじゃないですか。記憶の糸がぷっつんと切れてしまったような、白日夢の感じで、目の前の光景がゆらめく。そいで、いったい私とはなんなのよ、って感じ出して、頭がくらくらしてくるわけです。心臓がどきどきと高鳴ってるのが、意識できて、ああ、倒れるぅううっ、って思っちゃう瞬間のことです。

体感したことがあるんですけど、貧血状態になって倒れていくときの数秒間ってのが、こんな感じでした。真っ白になるっていいますけれど、目の前が真っ白になって視覚がなくなってくるんですね。そうそう明るい霧の中を彷徨う感じで、目の前が真っ白になってきます。ひとつの比喩でいってますけど、そのような状態になったときに、こっちへ戻ってくるのか、あっちへ行こうとするのか。

うわ~ぎゃ~そんなのいやぁ~!なんて目を瞑ってしまうとき、それは自己保身本能が働いて、感受性をセーブしようとするんでしょうかね。で、その向うは破滅の世界だぞ!って文化の枠組みが刷り込んできた結果なんですね。咄嗟の私の判断ってのは、そういうことに基づいてると思う。

私の心のなかっていうのは、あっちへいったり、こっちへきたり、その全体なんだよね、そのように感じます。そうして見えないバリヤー、あるいは境界線を意識しちゃうんですね。

あたまくらくら心臓どきどき-4-
     120kyoto1404020023
とある状況に追い込まれてしまって、ああ~あっちへ行ってしまいたい、って思う瞬間を経験したことがあるヒトには、わかりやすいかも知れないですが、そんなときは異常心理状態です。時間とか場所とか、目の前のヒトとか、ふつうは自覚して確認できるようになっている心状態ですけれど、あるとき、それが判らなくなる。思いつめてるときとか、錯乱してるときとか、そうゆう言い方もあるかと思いますが、ボクはその状況を、頭くらくら心臓どきどき状態だと思っているのです。

ええ、みずからの体験を振り返っているんですけど、その別世界は、エロスに満ちており、タナトスを予感させる世界だったと思っています。生と死の境界線。生への渇望はエロスであり、死への恐怖はタナトスです。

日常的には、頭くらくら心臓どきどき状態にならないように、自己防衛をしているようだけど、とある状況におかれると、そのバランスが崩れてしまうのじゃないかと思うわけです。バリアーの外側なんていえばいいのかも知れないその世界です。いいえ、ね、何を云おうとしているかといえば、究極アートの世界を想定しているんです。

アートが、日常ではない、つまり非日常の心、心理状態を誘発する装置だとしたら、この頭くらくら心臓どきどきの状態を、いかに創り出すかという装置でもあるわけです。予定調和的美の極みを表出するのがアートだ、なんてことは云いません。心の基層をなすエロスとタナトスがあるとすれば、アートは。エロスの極みを表出させなければ、ならないのです。エロスの極みは、ヒトを救済すると思うからです。さて、でも、具体的な作品は、となると・・・。それは世の習いからはみ出してしまうかも知れないですね。

あたまくらくら心臓どきどき-5-
    120kyoto1404020028
かってのわたしなんぞは、もう自分のことが、いや~でいや~でしかたがなかったんですよ。足は短いし、胴はずんどうだし、背は低いし、見た目にカッコいいわけないじゃないですか。鏡を見るなんて、それこそ、もう許しがたいほど、屈辱な感じがして、いたたまれなかったんですよ。それにね、こころのなか、ふしだらなことばっかり妄想しちゃうじゃないですか。こころのなかを映しだすテレビなんて発明されたら、どうしょうなんて思うと、もう夜もゆっくり眠れないって感じでしたね。

まさにこれは自己嫌悪ってゆう習性だったと思うんですけど、その反面、自分が可愛くってしようがないって感じに見舞われることも、たびたびありましたよ。いいえ、自分を第一に、安全なところへ置いておきたいと思っていたんです。自己嫌悪、自己陶酔、サディストなわたしと、ナルシストなわたしが、同居しておったわけです。いいえ、こんなときは、頭くらくらなんてしませんし、心臓どきどきなんてこともありませんでした。

ところがね、ある時期、開き直ったかのように、もうええやん、どうにでもして、恥じも外聞もあるもんか、ってね、尻捲くる、なんて言い方あるとおもうんですけど、そんなふうな時が訪れたんです。そんなときだったんですね、頭くらくら心臓どきどき、なんにも怖いもんなんてない、そんな感じで、開きなおったってわけです。頭くらくら心臓どきどきってのは、あっけからんとして、なんでも受け入れちゃおうなんてバリアーを外していったときに、ね、起こってきたんです。

単純に、体が疲労してたってこともあったと思うんですよ。錯乱してたなんて思いませんでしたけど、目の前におこっていることの文脈がつかめない、狐に抓まれた、っていう状態ですね。地下鉄のホームでさあ、後ろから電車の音が、耳つんざくような轟音に、寸でのところで風圧によろめきそうになって、頭くらくら心臓どきどき、乗ってから、降りる駅を間違えて、いつもと違う駅の容姿が、狐に抓まれた感じで、わけわからなくなったり・・・。その後ですね、からだとこころのね、ぐじゅぐじゅな感じがね、まさに生きてるって感じで訪れてきたんですよ。

<リンク>
中川繁夫寫眞集
中川繁夫の寫眞帖
中川繁夫の釜ヶ崎寫眞帖


このページのトップヘ