中川繁夫写文集

2015年03月

  800siryo0502040027

2004.06.03
写真の限界

写真のことを考える枠組み作りが、写真学校フォトハウス京都の仕事です。
そこで今日は「拡大する写真の現場」から写真の限界をとらえてみます。

写真ってけっきょく物質としてあるものしか写らないんです。
すごく当然当たり前のことなんですがそ~ゆうことなんです。
だから写真の限界ってのは物質でないものは写せないってことです。

物質としてあるものは写真にすることができる。
宇宙の写真があります。
コンピューター処理して目に見える宇宙の姿の写真があります。
人体内部のミクロな物質を撮った写真があります。
遺伝子とかの写真です。

そうなんですね、写真に撮られるものってマクロからミクロまで
科学技術開発のおかげでもう際限なく拡大深化しているんですね。

1852年にパリで出版されたマキシム・デュ=カンが撮ったエジプトの写真からはじまって
写真は遠くのものを近くへ引き寄せる役割をになってきたんです。
旅行記や冒険物語として多くの記録を残してきたんです。

いつもその時々の写真の限界に挑みつつここまでやってきたんですね。
宇宙深部や人体内部の深~いところまで写真に撮られてきたんです。

でも見えるものしか写らないという原則は崩せないです。
これが写真の限界なんですね。

でもでもでもですね、写真は見えないものを見せようとしてきたじゃないですか!
表現っていうのは見えるものの背後にある見えないものを見せることじゃないですか?
なんか、ややこしくなってきたな~(笑)

このややこしいところを検証していくのが、
新しい写真学校の役割のひとつかな~
そんなふうにも思っています。
2004.06.02
写真を学ぶキーワード

写真ってどんなものなんですか、
って問われて明快に答えって出てきますか?
真実を写すもんなんや、って言ったって
そんなこといったら余計に複雑極まりないですしね。

でも写真って不思議なものです。
考えれば考えるほどわからなくなってくるように思っています。
そこで写真ってのは器であってその中味は他の体系に依存する。
このように括ってみるとおぼろげながら見えてくるものがあります。

現代社会を論理付ける枠組みそのものを
具現化したものが中味ではないか?って思うんです。
そこで現代社会の話題となるキーワードをだしてみました。

1、生命、こころの科学的解明と非科学領域
2、自然、地球、宇宙の捉え方
3、人間の欲求、欲望、情動のありかと社会制度
4、政治、経済、芸術、宗教の再融合化

非常にアバウトなものですが、こんな区分を仮説してみて
それらについて自分が捉える位置というのを明確にしていくこと
そこからどのようにイメージ化していくのか、
っていうのがキーワードになるように思うんです。

いまの時代、そんなん理屈と違うよ、っていう風潮もありますが
そんな風潮の中でこそ問題を明らかにしていく必要があると思うんです。

写真を学ぶ写真学校の基本的スタンスをこのように求めています。

2004.06.01
フィルム写真は残れるか

デジタル写真の時代になって、コマーシャルやエディトリアルの仕事も、
デジタルカメラを使うようになってきてます。
写真を仕事にするにせよしないにせよ、デジタル化へまっしぐらに進んでる現状です。

こういう現状にもかかわらずフィルムで写真を制作する人たちもいます。
フィルムにはフィルムの魅力がある!
確かに現状では粒子、色調など印画紙を使う限りフィルムの方がよい。
でもこれもデジタル技術の進化でフィルムを淘汰していきますよね?
フィルム写真が今後も残るとすれば、
それはフィルムしかできない領域を確保していかなければいけないんです。

写真が美術(アート)の一角を占めるようになって久しいですが
工業製品としての銀塩やカラー処理工程での残存というより
フィルムを使ってより手作り化していく方向での残存を想定しています。

作品制作者(作家)は銀塩だけではなく非銀塩の写真世界も含めて、
その技法や材料を吟味していくことを考えていかなければいけないと考えています。
つまり手作りの、かってあった技法を掘り起こしていく作業が求められるのです。

それともう一方の技術ではなく「写真が扱うテーマ」の問題があります。
フィルムがフィルム固有の向かうテーマとは何か、
ということを導きだしていかないと意味がないです。

フィルムとデジタルというふたつの媒体をどう使うのかというのが
当面の課題になりそうですね。

2004.05.25
写真のネットワーク

いま、ここで考えようとしている「写真のネットワーク」とは、
新しい時代の人間の生き方を探っていくための開かれたネットワークのことです。

現在、学問上の分野で、生産と消費生活の領域で、
これまであった社会システムや考え方では解決できないことが、
あらわになってきているように思います。

このことは、世界の構造(国家と国家の関係のありよう)や世界経済システムの変化により、
個々の人間のあり方も急激に変化していかなければならないように思えています。

この変化はグローバル化する世界構造において、いろいろと問題点がクローズアップされています。
私たちの周辺を見てみても、精神世界や宗教関連の出版物があふれ出していることや、
自然と親しむ方向(ルーラル化)への情報がテレビ番組や雑誌などの特集が
多くみられるようになったことがあります。

これは近代以前に人間社会が培ってきた文化環境を取り戻す試みとして、
その現在的な問題を解決していくことを暗示しているように見受けられます。
私たちはこの情勢の変化を的確にとらえて、
新たな人間関係のネットワークをつくっていく必要があるのではないかと思っています。

各生産分野(特にここでは写真生産分野を中心として)の専門領域においても、
このままでは人間不在ともいえる新しい商品開発の研究のみが先行していくようにも感じています。

写真の分野では、モノクロ写真からカラー写真へ、現在はデジタル写真へと移行しています。
そして、いつもその周りには消費者としての私たちが存在しています。
あるシステムが商品化されることで完成したものとみなすとすれば、
フイルムをベースにしたカメラと写真処理はすでに完成品であって、
私たちは消費者の域をでることができなくなってしまったのです。

デジタルカメラはすでに商品化されて機材としては完成しました。
今後は部分的改良が加えられてそのつど需要を喚起してきます。
でもそのソフトウエアである写真表現の形はまだ始まったばかりです。
現在はフイルム写真からの置き換え過程です。
20年ほど前にレコード板からCDへ移行したようにです。

世界が統一(グローバル化)されていく構図に対して、
どのようにして一人ひとりの人間としての希望の実現を試みていくのか、
ということが求められているのです。
こうした視点から見てみると、いろいろと現れてくる新しい仕組みに対して
それぞれが意識的に対処していくことが求められていると思います。

これらのことを具体的に実現していくためには、
いまある商品としての価値観から意味を組み替えるべく新しい考え方の体系を模索しながら、
新しい世界観をつくっていける個人と個人のネットワークが必要だと思っています。
これから先、私たちが具体的にやらなければならないことは、
写真を撮り、写真を創るということを中心としながらも、
現代のいろいろな問題を考えながら表現の形にしていくことだと思います。

自由に発想し新しい時代を創っていくためには、
具体的な方法を取得する場を創り出すことが必要で、
写真ワークショップ京都のネットワークはそのような場になればいいなと考えるところです。
価値や意味をとらえる思想の領域から生産と流通と消費の領域までを含む、
私たち自身の一体化した新しいシステムを創り出していくことが必要になっていると思います。
この写真ワークショップ京都もすでにある価値観や意味するもののなかにありますが、
また、デジタルネットワークという商業システムを使っていくことになるのですが、
紙一重のところでそこからの脱却を図ってそれぞれが独自のメディア展開を
していけるようにしていきたいと思っています。

写真のネットワークとは、ぼくたちが新しいメディアに使われるのではなくて、
これを私たちのために使いこなしていくことに尽きると思います。
具体的なネットワークの創り方は別項にて提案していきます。大きくいえば、
デジタル環境を使ってのネットワークシステム作りということです。
2004.05.24
写真教育のはなし
写真って小学校や中学校で教えないんですね
写真つまり映像文化の根幹にある表現媒体なんだと思いますが
学校の基本教育のかたちは文字文化が全てのようにも見えます
20世紀の時代は写真、映画、テレビというように映像を主体に進んできたと思うんですけど
人間の生成過程にけっこう大きな影響を及ぼしてきたメディアだと思うんですけど
学校で教えてないですよ
写真が発明されてどれくらいの年月がたっているか知ってる?って聞いてみて
たいがいはきょとんとしてしまって、さあね~どれくらいなんやろ~戸惑ってしまうね
これが現実の認識度合いです
べつにこんなことどうでもいいことや、って言ってしまえばどうでもいいことかも知れませんけど
カメラを持つこと写真を撮ることが英会話すること以上に現代生活に入り込んでるのに
どうもいけませんね~
でもでも最近は写真の美術館もできてきたし展覧会も頻繁に開催されてるし、
表面にはだいぶん現れてきたな~~
でも見せてもらう側にしてみれば解釈の尺度がないもんだから
どのように解釈したらいいのかわからないんです
だって学校で教えてないんですから
いやはやこんなこと必要ないんかも知れませんね
写真って消費されればいいものであって学問の体系に組み込む必要なんてないのかもね
でも大学の社会学部あたりで文化論の論文書くときに困ってる学生もあるんですよね(笑)

  120siryo1307190007
2004.06.11
写真学校のプログラム

新しい写真学校のプログラムをつくっています。
デジタル時代の学校というコンセプトからしてフィルムとデジタルの両面から
写真という表現手段をどのようにして使いこなしていくのかというのが主眼です

写真を自己表現の手段として捉えていくなかで考えると
技術習得プログラムと思想獲得プログラムのふたつの領域があります
技術習得を主体においた写真学校から脱却していくプログラム開発が必要なんですね

写真の背後にあるものを考え捉えて自分の生き方にまで遡上させること
パーソナルメディアとなった写真術が自分と対話する手段であること
こんな命題的なことを想定しながらプログラムをつくっています

学校の教科プログラムっていうのは実践が伴ってきて実態化します
写真っていうものが映像・イメージを作り出す装置の原点なのに
文学や音楽のようには正規の学校では教えていませんよね

デジカメブームで個人ユーザーが爆発的に増えていて
街角のプリクラボックスが大繁盛していて
これらはもう大きな文化の領域を形成しているのですよね

こんな時代に写真を学ぶ学校が模索しなければならないことは
時代の奥深くに潜在している欲望の中味を表に出してあげることができる
そのことが必要なんだということに気づくプログラムだと考えています

写真表現の現在っていう評論タイトルはもう定番になってしまいましたが
必要なことは社会の構造をどう分析して現在というものを捉えるのかという命題に
写真制作の技術と思想の両面からどうアプローチさせるかなんですね

2004.06.09
ピントあわせは写真の基礎

写真の勉強で基礎となるものは何かな~って思っています。
そんなとき、自己流で写真を撮ってた人が写真を見てほしいって来ました。
ピントが合ってないんです。

なんでもそうですが「ピントはずれ」ってこといいますよね。
カメラの技術でいうと「ピント」が合わないってことは基礎が出来てないってことですね。
でもね、最近のカメラって全自動でしょ、ピント合わせも自動なんですね。
とっても楽チン、誰でも写真が写せる(あたりまえ!)写ルンです。

ここにちょっとした落とし穴があるんかもな~って思いだしています。
写真に興味が出てきて、作画意識が出てきて、そこで使いこなそうとすると、
全自動ってのがちょっと邪魔になるんですね。
もちろんカメラには手動でできるようになってるんですが、
でお、ピント合わせに苦労するらしいですね。

わたしは完全手動の時代に写真撮り出したしもう昔のことだから忘れてますけど、
最近は、便利なんだけど不便もあるってことなんですね。
だったら昔は全て不便だったじゃないですか、進歩したんですよ!
っていう見方もうなずけるのですが、便利すぎて不便。

ピント合わせはハード面だけではないです。
何を撮るのか、っていうテーマ設定のところでもピント合わせが必要なんですね。
カメラってレンズを向けてシャッターきれば写っちゃうからね~
で、少し欲が出てきて写真でもって作品化しようと思うと、困ってしまうんですね。
テーマがあるようで見つからない。

何にピントを合わせるのかということが見いだせないうようなのですね。
困ったな~~って顔して、花でも写すか~子供でも写すか~・・・
写真の現在と未来を見ていくのに過去の歴史は必要か不要かということです。
そして歴史を見る視点ってのも求められますから、写真ってちょっと手ごわいですね。

そう考えていくとだんだん勉強する場所がないことに気づいてきませんか?
気づいてきた人は集まろう!!
学校をつくっていきましょ~~!
気づきの写真学校なんていうのもいいかもしれないな~って思っています。

2004.06.08
つまりお金ではない・・・

写真学校フォトハウス京都の考え方

なんでもそうなんですが、なにか全てお金しだいってことが今の世の中ありますよね。
金さえあればこの世では~~なんていうのは満更ウソではないですね、なんでも出来ちゃうですね。
お金をだせば写真の専門学校や芸術系大学で写真のお勉強ができます。
そりゃタダでは教えてくれません。

このお金が動いてそこに教え教えられることが出来る関係っていうのを、教育産業っていうんだそうです。
確かに設備が必要だし、建物も必要だし、教えてくれるひとの生活費が必要だし、
って考えていくとお金の要ることばっかりです。
経済活動の一端を担っているんですからどうしようもないシステムなんですね。

でも、この経済活動を成立させないところで写真を教えたり写真をあげたり出来ないだろうか?
っていうのがそもそもの根底にあるんです。
教育がなんのために施されるのか、っていうと生産を上げるためなんですね。
社会に出て行くという言い方しますが、教育を受けて仕事に就くわけです。
そうしてこの世の中の仕組みに参入していくのですね。
ここで、いろいろと問題がでてくるんです。

まず世の中の流れの中でですが、容認できないことが沢山あります。
出世という考え方があります。何をもって出世したと認定するかといえば、
会社で仕事するときには社長以下部長だとか課長だとか・・・・
俗に上下の関係ってあるんです。その上の方に就いていくことが出世。
大きな会社、小さな会社あるけど、俗に大きな会社の方が上、人間の欲望って上昇志向ですね。
競争心ってのも必要ですね。

戦争があります。絶対嫌や~~っていっても無くなってないですね。
兵器作ってる会社って戦争が起こったら儲かる仕組みなんでしょ?
こんなんずる~い、っていってみても、そういう仕組みだからどうしようもないんですよね、個人的にはね。

そういう価値の軸の上ではない、そうではない価値の軸ってないんでしょうかね。
その価値軸にせめて反抗する程度のことしかできないのかも知れませんが、
もう一つ別の価値軸を作ろうと思っているんです。
この「あい写真学校」「写真ワークショップ京都」いずれも経費ゼロにはならないですが、低く抑えています。
自分が作ったもので学費の代わりにする物納でもよいことにしています。

地域通貨っていうシステムが試みられ始めていますね。
そのシステムに基本的に同感するんです。
その実践としての試みが「あい写真学校」の学費納入のシステムなんです。

教えてあげる労力っていうのを貨幣価値判断から除外する、
あるいは排除するってことの試みなんです。
だからお金が全てに優先する!なんて考えの人はなじまないですね。
そういう人は沢山お金を支払って卒業証書ってのをもらったらいいんです。

そ~ゆう価値観じゃないところで、ものを考えたり作ったりする仕組みを創りたいと思っているんです。

2004.06.07
写真の範囲

写真の範囲ってどういうこと?
そうなんですね、何をもって写真とするのか、っていう区分けの問題なんです。

かってカメラ装置とフィルムが創りなすものを写真っていってました。
でも現在はカメラ装置とフィルムが無いところで写真に似たものが創られる。
たとえばコンピューターグラフィックス、これって写真の仲間に入れてはいけませんか?

物理・化学処理によって作り出されたものが写真だとしたら、
デジタル写真ってのは化学処理しないですね。
現像のための薬品使わないではないですか。
暗い部屋(暗箱)から明るい部屋(コンピュータ)の方へ、
処理の方法が変わってきたじゃないですか。

カメラ、フィルム、薬品、コンピュータ、デジタルデータ・・・
いま朦朧としながらも写真って呼んでる範囲におけるハード装置です。

べつにどうでもいいことなんかも知れません。
明確にしないほうがいいんかもしれませんね。
いま、世の中って混沌だし混沌のままで表面すべっていったらいいんかもね(笑)

これまでの分類方法では現実に即さないようですから、
あえてこうして発言してるってわけです。
つまり写真学校っていってるんですけど、
なにを学んだり研究したりする学校なんですか?
っていう素朴な疑問があるんです。
これを解明していかないとやっぱりやっていけないでしょ~(笑)

これもカリキュラムに入れないといかんのやな~って思ってます。

2004.06.06
デジタル写真

デジタルカメラ開発にかける日本企業の番組がTVで放映されていました。
たしかにカメラ生産の技術水準が世界をリードしていることは事実のようです。

ところでソフトウエア、コンテンツの生産はどのような現状なのでしょう。
共同体の文化度が高いと雑誌や出版物に多く利用されるし
カメラマンの写真展もあちこちで開催されています。
インターネットのページを覗いてみてもし主流は写真イメージです
そのうち動画が中心となると思いますが、
個人がたしなむには写真が簡便でなじみやすいです。

写真表現がヴィジュアルアートの一角にあると認定すると
上記の話ではちょっと対応できにくい代物となってきます。

そこでは写真の生産と消費の側面からの視点ではなくて
人間のこころの問題として写真を捉える視点が求められると思っています。
情報化の時代はこころとこころが直接に結びついてく時代だと思っています。
新しい社会制度としてのインターネット時代を迎えているデジタル環境のなかの写真!

そんな時代のなかでの写真の在処を探し出していくことが
新しい学校には求められているのだと考えています。
その磁場にはなにが起こってくるのでしょうね~

2004.06.05
いま写真がおもしろい!!

デジタルカメラで気の向くままに撮って見てまた撮って見て、
そこに友だちや大切な人がいればもっとおもしろい気持ちになるよね。
写真ってコミュニケーションのツールなんです。
でも、どうしたら上手になるのかわからないと悩み始めたひとへ贈ります。

写真はあなたの心です。心を表現するには表現する技術が必要です。

ところで「心」とはいったいなに?どんなものなのでしょうか。
いま、写真の心をめぐって、熱い議論が交わされつつあります。
あい写真学校では時代の本質を見つめ体感するためのカリキュラムを中心にした、
感じられる写真の創り方を勉強します。

写真がなぜ面白く感じられるのかというのは、直接人間の、
つまりあなたの心の奥深くに眠っている神秘さとか感動を起こす感覚とかが、
目覚めてくるからだといいます。
写真というのは撮影技術をマスターしたからってわかるものではないです。
ますますわからなくなってくるのが、誰もが体験することではないですか?
なぜ、そうなるのかといえば、写真を撮ることで何かを表現することなんですが、
それが自分の生きてるってことに直結していて、生きているっていう快感なんです。
でもその意味を見きわめることって、実はなかなか大変なことです。

これまで偉大な芸術家って呼ばれている人たちが創造力をかきたてられた源泉は、
苦悩の奥深くにある快感を求めてきたのです。それがひとを感動させるのです。

写真を始めたあなたはね。つまりすでにその入り口に立っているってことなんです。
祈るということではなくて、あなた自らがいのちの恵みを受けに前へ進み出る、
というのが写真の行為そのものなのです。
写真が面白いと感じられるのは、前へ進み出ることにつながっているからです。

でも、やればやるほど何を撮ったらいいのか、どうしたらいいのかわからなくなるのも事実なのです。
ですから、その解決の糸口をほかのところから導いてこなければいけない。
自分に対して他者の存在があって、そこに境界があって、
この境界を越えていくコミュニケーションの方向、自分の心を開いていくということなのですね。
そのための学習をすることが必要なのです。

写真を撮って人に見せたい、見てもらいたい、っていう欲求は、
このコミュニケーションを求めていることなのです。
ですから、あなたが撮った写真を支えているルールというか意味というか、
そういうものを自分で考えていかないと相手は感じてくれない。

写真を勉強するってことは、そういう感じをあふれさせるということなのですが
、どうもこれまでの写真学校では技術的なことは教えてもらえるけれども、
喜ぶ快感はあまり教えてくれなかった。
むしろ写真を創っていくことは苦しいことなんだ、と教えてきたのです。

時代環境が変わってきて、新しい生き方っていうのは、
この快感を快感として認めてあげることで、これを求めていくことです。
新しい写真の勉強というのは、そんな新しい時代の向こうにいくためのこころ、
気持ちをつむぎだしていくことです。
そういう新しいタイプの写真家を育てたいと思っているんです。

写真学校フォトハウス京都の考え方の一端でした。


農産物をわが手に 2006.1.11
  800yasai0903120085
現代の消費生活を支える根本は貨幣、つまりお金です。価値の基準は、金額の多寡です。なかには名誉が基準だというのもありますが、基本は貨幣です。もちろん生産と消費が一体として構成される社会ですから、会社勤めして働くというのも、生産に関与していることには違いないのですが・・・。

あい農学校では、貨幣が根本の社会から、いかにして逸脱するかを考えていきます。その具体的な手段を手に入れることを提案しています。食べることは生存の基本です。だから食べ物を生産します。農生産です。これは発想の転換です。生産手段を手に入れることは、消費生活から生産生活への発想の転換です。

このブログは、そういった生産現場をつくりだそうとしている現場からの報告です。その目的は、乖離してしまった心と体を一体のものとして成熟させていく試みでもあると考えています。

食料の自給について 2005.12.5
  334_3411
農作物について、ここまで大量生産化や合理化が進められてくると、その反対の方向へと動くことが一つのムーブメントになります。少量生産化と無駄化の方へです。ここで云う、無駄化とは、手作りに徹していく方向だと考えればいいですね。

生産者と消費者という二極化で、貨幣を介在する流通を前提に置くと、大量生産と合理化により、コストを下げるという発想が優先されます。だから、生産、流通、消費という分断化されたサイクルを一体のものとして捉えていくことで、発想の転換をおこなえないかと考えるわけです。

生産・流通・消費を一体化する方向は、自給自足を目指すことになります。じゃ~この自給自足を達成するのに、どれくらいの規模の人間集団が最小限必要なのだろうか。ひとりでは生きられないのだとしたら、どれほどの規模があれば、生きられるのだろうか。

京都農塾で共同作業をしながら、無駄を積み重ねて少量生産を行いつつあるのですが、ふっとそんなことを考えていました。

サツマイモの根っ子 2005.10.4

赤熊農園(京都・亀岡)で見せてもらった光景で、向こうの畝のサツマイモの根が、隣の畝にまで侵入していた、現象が起こっていた、というのです。
写真は、その光景を撮ったものです。
どういうことかと云うと、水も肥料もやらない自然農法で野菜栽培すると、自分で水や肥料分を探し出すらしいんです。
つまり、根っ子が非常に発達して成長するんだといいます。

普通だと、はたけを耕し、肥料を施し、水をやります。人間が、野菜の世話をするといって、水や肥料を施してあげるもんだから、自分の力を発揮しないで育つ、と云うのです。
云われてみれば、理屈どうりです。
野菜自身が自ら頑張るから、味が濃い、甘い、おいしい!野菜になる。

そういう話を聞いていると、人間社会にも当てはめられることやな~と思いますね。


共同運営のはたけ 2005.9.13
  334_3410
野菜やお米をつくる!
それも有志が共同して、野菜やお米を生産し、分配する!

食べることは、人が生存していく基本です。ところでこの「食」について考えていくと、様々に不条理なことが見え隠れしてきます。食の問題は、生活者の大きな関心ごとですね。
消費者から生産者へ。目に見える現場で、野菜やお米をつくる。自分たちで栽培する野菜やお米には、有機肥料が使われて、農薬は使っていない。このことが確認できます。

野菜作りやお米作りの現場の自然環境が汚染されている。この汚染環境は、いますぐ個人で解決できることではないですが、個人がこれ以上汚染させない方法で食料を作る。

それにしても自分の目で確認しないと信頼できない。こんな気持ちを作り出してしまった食環境です。そんなことを思いながら、共同で運営するはたけです。
そこで採れるのは、有機肥料で無農薬の野菜です。そして生産の現場を共有することで信頼関係が生まれてくるように思っています。


赤熊自然農園 2005.8.29
  334_3423
自然農法で野菜を栽培し、消費する人に野菜を直販する「赤熊自然農園」があります。
農園の所在地は、京都府亀岡市東本梅町赤熊西山口20
ボクは、すでに何度か訪問して、はたけを見せていただいて、ある種の感動を覚えます。というのも農園主宰者判野さんの考え方、自然と人間の関係、自然と植物の関係、もちろん、人と人の関係のあり方・・・等々のベースに自然農法を捉えて実践されていることに、感動するわけです。

不耕起栽培。肥料や水をやらない。野菜の生長は、自然の成り行きにまかせる。野菜自身の力で成長を見守る。もちろん何もしないで野菜が成長するわけがないので、気配りや手入れは並以上だと思います。

様々な人の交流拠点としても機能しだしている「赤熊自然農園」です。
いま、ここに集うなかで、煉瓦パン釜を設計し制作途中の人もいます。はたけの一部を借り受けて野菜栽培をする人もいます。
食料を自給自足する。地域で生産と消費をする。あい農学校のコンセプトと交差する軸がいくつもあります。暫くは、取材をさせていただきながら、自然農法の勉強をさせていただきたいと思っています。

農の共同作業 2005.7.17
  800yasai0903120084
食べ物を作ることをテーマに、あい農学校の記事を書いています。
それも主には、共同作業として農作物をつくる話です。
いまの社会状況にあって、共同農園のもつ意味というのは大きいと思っています。

ヒト個人が土に触れる身体体験で五感を引き出し見直す、ということがあります。
それに自分の食べるものを自分で作るという、自給自足的体験があります。
それらを超えて、共同作業の持つ意味は、ちょっと大袈裟にいえばです。
人類が農耕手段を手に入れて、集落をつくっていくプロセスの再現作業です。

どのくらいの歴史的時間があるのでしょう?
農耕を始めて1万年くらいの歴史があるのだと聞き(読み)ました。
もちろん人間の文化力が成してきた果実をかじる現代社会です。
でも、あらためて共同作業を捉えてみると、その原点への想いを掻きたてます。

ヒトの心の奥のほうに自然と交感する領域があるとか、ですね。
土に触れてヒトと交わる体験、共同作業っていうのは、この体験?
いまはただ、想像するだけしかできないんですが、
繋がってるって想うだけでも、ハッピーじゃないでしょうか、ね。

自家菜園の風景 2005.6.17
  800yasai0903120003
自分の食べるものを自分でつくる。
自給自足の原点というか、この風潮が顕著になってきてますね。
いろんな側面から、自家菜園のムーブメントが起こっています。
元から兼業農家であるのではなくて、
都市消費生活家族の中で起こってきているんです。
わたしもその一員です、長年、都市消費生活をやってきています。

食料への不信感というがありますし、
都市で消費生活することへの行き詰まり感というのがありますし、
競争社会での将来への不安というのもありますね。

人間も動物、もともと自然と共生していたんです。
それが都市という生活場が成熟してくるなかで、失われてしまった。
この失われてしまった場所への回帰なのかも知れません。

いわば行政レベルで、推奨されていくような流れになってきています。
滋賀県の推進する「湖国まるごとエコ・ミュージアム」構想など、その先鞭じゃないかと思っています。
まだ、これから始まっていく、生活運動ではあるんですが、ね。

自家菜園-えんどう豆の収穫- 2005.6.12
  800yasai0903120004
家庭菜園で春先に植えたえんどう豆が採れました。
野菜をつくり、収穫するってうれしいものです。
大事にしたいのは、この気持なんですね。

食べ物をつくる、これは生産することになります。
私たちの生活は、生産することから離れ、消費生活になっています。
あい農学校が提案している「生産」することは、新しい生き方につながります。

家庭菜園であれ、農塾であれ、野菜をつくることは、
「まるエコ」な生活を提案しているんですが、その第一歩だと考えています。
食べてみたら、柔らかくて、甘くて、美味しい、えんどう豆でした。

自家菜園-ニラをつくる- 2005.6.5
  800yasai0903120006
ええ、あのニラです。
ニラの収穫って、種まいて3年目です。
この春から、ようやく収穫が出来るようになりました。

まあ、子育てもそうですが、
野菜を育てるって、けっこう手間がかかるんですね。
それだけに、収穫のときの喜びってゆうか、その気持って格別です。

専業ではなくて、はたけ仕事をするとゆうのは、
お金の問題じゃなくて、こころの問題だと思います。
育てるっていう気持、まさに愛情ですね、これが大事ですね。
写真は、ニラとネギとミニトマトです。

このページのトップヘ