ぼくの写真史-6-

  800siryo1208310014

2004.12..13~2005.2.5
  nakagawa shigeo

自分の記憶と記録の通史>

いってみれば、これは前口上、前書きです。ぼくが写真という代物の諸々のことに関心をもってかれこれ30年になります。いま、ぼくの年齢が58歳です。自分で微妙な年代だな~って思っていて、一定の整理をしようと思って、いくつかに分けて、ぼく自身の過去を読み直しています。写真の関係については、ここで、写真に興味を持ち出した1975年前後からの、記憶をたどりながら、書き進めてきています。

ほかに写真学校を作り出していますので、写真にまつわる評論とかカリキュラムとかを手がけています。これは、現在から未来に向けての仕事として考えています。58歳という年齢は、ひところならもう余命わずか、という年齢ですね。最近でこそ平均寿命が80歳前後までになっているので、ぼくもそれに合わせて、あと20年~30年位、生きてるやろな~との思いで、30年計画をはじめたわけです。でも、正直なところ、いつ終わるやも知れないな~との思いもあります。かなり強烈にあります。そのような年齢だから、ここで、ひと区切りのつもりもあって、日々やってるわけです。

で、写真についての話です。1984年にフォトハウスという枠組みを提案して具体化しようとしていろいろやったわけです。その具体化の中心が、写真ワークショップでした。それから20年経ったのが現在です、現在は、2004年12月13日です。なので、当分暫く、ここでは1984年を軸にして、その前とその後をたどっていきたいと思います。

それとは別に、-1968年の大学1年生-というタイトルでも書いています。そちらのほうでは、1968年前後から始めて1974年ごろまでを目安にしていこうと思っています。で、また別に、中川繁夫の管理メモというのを置いていて、そこでは、1946年から1960年代までの間を追跡していこうかな~と思っています。

こうして3つを平行して、3つの年代区分にしたがって記憶をとどめていこうとの魂胆なんです。この作業が具体的にはじまったのは、今年の夏以降です。2~3年かけて一巡目をやっておきたいと思っているんです。60歳という節目を前後しての作業となる予定です。

<現在から遡る>

2004.12.21、つまり今日から遡行します。現在進行形の現在、写真について限定すれば、あい写真学校と写真ワークショップ京都の企画を進行させています。という話から始めていきたいんですが、この企画はこれまでのボクのやってきたことの集大成みたいなもんです。というのも、20年前1984年にフォトハウス京都を打ち出して写真学校の原形を、写真ワークショップ京都という名称で主宰してきたんです。その後、1988年ごろまで稼動してたんですが、本業のほうで単身赴任なんかありましたので、中断しました。

その後1992年に写真図書館を畑祥雄さんとともに開館させて館長に就きました。それから1994年から日本写真映像専門学校、そのころは大阪ビジュアルコミュニケーション専門学校っていう名称でしたが、この学校へ副校長の肩書きで転職したんです。このことをもって、ボクとしては写真の専門領域での仕事の始まりだと判断しています。というのもそこで収入を伴わせる職業としての専門学校副校長ですから・・・。それから10年経過したのが、現在2004年12月21日の今日、いまなんですね。

ざっと年月を追いますと、1996年にインターメディウム研究所の設立に参加します。そこで取締役職で事務局長として6年間仕事をしてきたんです。そして2002年7月に退職しました。

それからOICP写真学校というところで、カリキュラム開発をも引き受けて2003年4月からやってきたんです。昨年の夏ごろから、通信制の写真学校と通学制の写真学校、つまり今に至る「あい写真学校&写真ワークショップ京都」の企画にのりだしたんです。ということでこの20年間の足跡をみると、教育という分野にかかわってきたことになります。組織つくりと組織内での仕事です。

どちらかというと仕掛け人の立場です。仕掛け人というと、その価値を測るのに判断されることは、お金をどれくらい動かせるか、っていうことのように思います。当然、資本主義、商業主義の世の中で、お金を動かすことで商売が成り立ってきます、だから必然的にお金を多く動かせるほど価値が高い、ということになります。

ボクは、そのことへの懐疑をいだいているんです。そのことでいえば1970年代の後半にかかわりだす釜ヶ崎、ここでの思考そのものが資本制への否だったように考えています。その後も含め、自己矛盾をかかえながらの生活人、職業人としてきたんですが、諸般の都合があって決断した2年前の夏以降、基本的発想は資本制の否定です。

この否定することは、よりつよく自己矛盾を抱えてしまうことになるのですが、この自己矛盾こそ大切にしたいコンセプトだとも思っています。負け惜しみとかじゃなくて、真摯にそう思います。この発想にたてば、これは孤立です、無援なわけです、孤立無援の立場です。生存のための自己矛盾を抱えながらの孤立無援という立場は、どうみてもさまざまに不利です。このような立場に現在はいるんだとの基本認識をして、ここからの出発なんです。この出発にあたって、このような文章を書く場を確保しようとの試みでもあるんです。今日は外観を羅列したんですが、追々、中身の検証に入れたらいいいな~と思います。

あい写真学校の開校

2004年4月28日はボクの58年目の誕生日でした。この日、総合文化研究所の設立とあい写真学校が開校した日です。本音のところは、いまさら何故写真学校なの?ってボク自身に問いかける最中なんです。というのも、写真ということにけっこうしがらみがあって、自分の気持ちとしては過去を一新したい!との思いもあったんです。

でもね、これから先、自分に何が出来るか、って問うてみて総合文化研究所の枠組みを作ったんです。でも、この枠組みがどこまで出来るかなんて予想つかないのが現実です。この企画のなかに学校機能があるんです。ボクとしても学校運営の経験がありますから、この分野は出来ると思っていて、写真学校にかかわってきた経験もあるから、写真学校ならできる、とまあこんな感じなんです。それで写真の新しい学校をはじめよう!って思っているんです。これは、現在進行形の真っ只中です。どちらかといえばコンセプト中心の学校。学校といってもワークショップ形式です。

この2年間というもの二転三転していまにいたっているんですが、けっきょく自分でやりだすしかないな~と思っているんです。人をあまり当てにしてもできないし、ましてや金儲けが優先することしか考えない人とは、一緒にやっていけないです。大分迷ったんです、お金儲けのこと。やっぱり生活していかなければいけないんだし、そうすると必然的にお金儲けをしなければやっていけないわけです。でも基本、お金儲けは切り離そう!そう決断したんです。これが今の偽らざる気持ちです。

お金を回していくことで事業は成立していく、という考え方もあります。お金が回らないと成す事もできない、という論法もわかります。でもそのことを乗り越えることが出来るかどうか。お金がなけりゃないなりに展開できる手法もあるんじゃないか。そんな思いです。

世の中の価値観からの逆行かも知れないんです、たぶんね。でもね、このことで培っていける関係に注目したいんです。お金が関係する関係じゃなくて、つまり損得関係じゃなくて、善意の関係。そこに見えるかもしれない人と人の関係に新たな学校のあり方を模索したいと思っているんです。

あい写真学校は通信制の写真学校です。E-ラーニングって通信教育の形なんですが、やっぱり業界はこの方法を金儲けの手段として活用しようとしています。それの逆手です。お金がないから設備ができない、だから何もないところからのスタートです。もうボクは開き直っていますね。自分の思う考えにしたがってやっていくしかないんだ、ってね。そういうことが今年4月から始まったんです。