IMG_2126
<掲載写真は、収穫祭、知恩寺境内 2004.11.21>
※2001年7月30日付の文章を掲載します。

「フリースクール京都」設立準備チャートと将来像
●スケジュール
第一期5年間をフリースクール運動中心に考える。
 テーマ:人材養成プログラムの創造と自然工房の創造。

1、2001年10月~2002年3月、六か月間の計画
 ・月一回程度の研究会の開催
  開催場所:京都リサーチパーク、京都経済新聞社内
 ・研究会テーマ「フリースクール京都の実現とその可能性を探る」(仮題)
  ・構想に着手し共有する期間とする(基本構想案は中川が作成)
  ・基本構想を練るための研究会として設定する。
  ・第一回研究会のメンバーは、(名前略)五名。
  ・研究会のメインテーマを設定する。
  ・研究討議領域を設定する。
   討議課題例
   理念・将来像を議論するとともに、当面できることの範囲を策定する。
    開催場所、組織形態、運営資金調達、入学対象者、
    教育のレベル、カリキュラム開発の具体化、など。
 ・暫定事務局を設定する。
  学生レベル三名程度を事務スタッフとして構成する
 ・研究会メンバーにより暫定WSカリキュラムを策定する。
  暫定WSカリキュラムは2002年4月からの実施をめざす
  カリキュラムはコアスタッフのためのプログラムが望ましい

2、2002年4月~2003年3月、一年間の計画
 ・研究会を組織化する
  暫定事務局と月一回程度の研究会開催を継続する
 ・月二回程度のWSを開催する
  定員10名程度、講師は研究会メンバーとするが望ましい
  このWS参加者が運営組織のコアスタッフとして成熟することを想定する

  2002年4月 策定カリキュラムの中から月2回程度の実験WSの開催
  2002年4月 運営主体の策定、例・財団のセクション、NPOなど
  2002年11月 シンポジューム開催が可能かどうか
  2002年10月 季刊の冊子発行(年四回発行)が可能かどうか

3、・2003年4月~2003年9月(前期)
  ・2003年10月~2004年3月(後期)

  ・フリースクール京都の部分開講(準備次第で全面開講する)
    WSの開講(通年プログラムと短期プロジェクトの組み合わせ)
    理論とケーススタディを」中心に・・・・。
  学生は週一回、三コースを選択
  各週2講座が開講される
   ・フリージャーナリストコース ⇒ 総合的な見識開発
   ・政治・経済問題コース ⇒ 人間生活全般
   ・福祉・医療・人工知能問題コース ⇒ 人間の身体
   ・文学・文学評論コース ⇒ 人間の思想
   ・芸術・兵術評論コース ⇒ 人間の解放
   ・その他・・・・コース
   ・制作実習(農業・手工業・コンピューター) ⇒ 身体の満足

  ・2004年以降2030年まで
  ・フリースクール京都の全面開講
   ・1年~2年のカリキュラム
   ・共同作業(農地・その他の制作場所)の確保、運用、生産の開始
   ・共同作業場のネットワーク化
   ・知と力の結合