IMG_8361
<掲載写真は、夏祭り 知恩寺境内 2004.7.18>
※2002年2月28日付の文書を掲載します

地域の自然と生活の出来事を提供する
コミュニティカフェ&プレスオフィス(CCPO)

ローカルネットワークの必要性
ー地域の人間関係の創生ー

(1)地域研究機構のネットワーク
  地域に住むひとの高度な教育を実現するために
・これまでの教育のシステムは知的労働と生産労働が分化していたきらいがあった。そのなかで権利義務関係と契約関係で結ばれていた個人関係を、新たな共生と共有の関係へと移行させるための研究機構の創設が必要となる。
・新たな共生と共有の関係を導き出すために必要な作業は、哲学・文学から政治・経済学や地球物理学などの学問領域において近代主義を超えるあらたな枠組みを創生することが必要となる。
・そのためには地域においても専門分野の研究が出来、かつ地域の実情に合わせた学術研究ができる機構が必要である。
・幕末にあった適塾のような形態を想定すればよいかもしれない。
・階層や分野に応じてカルチャースクールのような形態をも付設する。
・学びながら生産に従事するシステムを構築する必要がある。

(2)地域経済エリアのネットワーク
  地域内での生産、流通、消費のサイクルと循環型経済の創生。
・地域内の商工舎のネットワークを充実させる。
・地球環境や環境保全、エコロジーやエネルギー、有機農や工芸品の生産をおこない、自然にやさしい循環型経済への移行を実現する。
・このことで地域の生活サイクルが確保され、地域住民の身体とこころの健康と生活の充実が実現する。

(3)地域内住人の人間性恢復ー祝祭の日々ー
  地域に住むひとの特技を活用するネットワーク
・住人ひとり一人の特技を見いだして従事することで各人の生きがい感や充実感を高める。
・農業をする人、木工品を作る人、商売がうまい人、ひとをまとめるのが得意な人、等々それぞれの特性を生かした職業に従事する。また希望により転職も可能な地域経済機構をつくる。
・このようにして共同の働く喜びをもつことで日々祝祭のごとき境地に至る。

(4)あたらしい人間の関係の創出
  個を超える個人のあり方。
・以下、未記入。