IMG_6558
<掲載写真は、写真集<西陣2009>2008.11.9から 染屋>
※2005年4月13日~のブログ掲載の文を転載します
フォトハウス表現塾のHP

<写真学校/写真ワークショップ京都>

写真学校/写真ワークショップ京都、2005年の今年、4月10日に本開校しました。
京都・下鴨にある老舗の写真専門ギャラリー・DOTが開校場所。
1985年から活動を続けてきた「フォトハウス京都」が企画運営します。

ネットワーク時代の要請を受けて、2004年4月に通信制あい写真学校を開校しました。
この写真WS京都は、通学制です。

通信と通学を組み合わせたカリキュラム・綜合ゼミ。
綜合ゼミは履修1年間のコースです。
4月24日から綜合ゼミコースがはじまります。
ただいま受講生を募集しています。

2015.5.1
写真学校/写真ワークショップ京都が開校しましたが、5月1日には、テクニカルレクチャーが開講されました。

写真ワークショップ京都のメインカリキュラムは「綜合ゼミ」。
綜合ゼミでは、自分のテーマを導き出しながら写真制作を行います。
この写真制作をするための技術サポートとして、全24講のテクニカルレクチャーが設定されています。

今回のテクニカルレクチャーは、露出につて。
簡単なようで複雑な露出の決定です。
露出計の仕組みや基本的な操作。
現場実習を交えてのレクチャーでした。

<総合文化研究所の学校コンセプト>
2005.9.8
学びの場である「学校」を、経済の枠組みから遊離させることから始まる、綜合文化研究所の学校コンセプトが、ここにあります。学校が商売として成立する時代に、あえてそうではない学校を創りだす必要があると考えています。

また、これまではともすれば頭脳を使うことと身体を使うこととが、分離してしまう傾向がありました。研究者は部屋に閉じこもり、さまざまな妄想にさいなまれていました。労農生活者は肉体の力を切り売りすることで日々の糧を手に入れてきました。

これからの人間のあり方は、頭脳活動と身体活動を統一していくことを目指すことだと考えます。つまり野にあったひとは頭脳を手にいれ、部屋にこもっていたひとは野に出ていくこと。こういうことが「アートするひと」と呼ばれるようにならなければなりません。商品価値としての頭脳プレーや作品制作プレーには、おさらばして、生きてる充実感というものを手に入れなければなりません。

といって農的プレーにおいても、商品として流通させることを指向する領域ですが、ここでは、そのように指向することの弊害をみつめて、新たなる農的プレーの方向を模索していきたいと考えます。

あい実践学校のコンセプトは、夢と希望を紡ぎだすこと。そして、自立する個人のネットワークによる「自給自足」。これがどこまで可能なのかということを実践していきたいと思うことです。あい実践学校は、新しい「ひと」と「ひと」の関係のあり方を模索しながら、「新しいライフスタイル」を紡ぎだしていく学校にしていきたいと思います。

9月11日(日)写真ワークショップ京都の9月ゼミが開講されました。
写真ワークショップ京都は、新しい写真表現の方法を手に入れる人のために、1年制で開校されている写真学校です。開校場所は、京都・下鴨にあるギャラリー・DOTです。ギャラリーが運営する写真の学び場だといえます。

「綜合ゼミ+テクニカルレク」コースは、通信と通学を併用した、新しいタイプの学びの場です。
綜合ゼミでは、写真を相互批評するセミナーと写真理論などを学ぶゼミを履修します。併設の通信制あい写真学校のカリキュラムも、同時に履修します。
テクニカルレクでは、カメラ操作や撮影実習などの前期カリキュラムと写真史や写真プレゼンテーションの方法などの後期カリキュラムがあります。

写真の初心者の人には、基本から高度な応用まで、写真のノウハウがわかります。
写真作家になりたい、ディレクターになりたい、そういうニーズにあわせています。
少数精鋭、個別対応のユニークなカリキュラムをもった写真学校です。  

<まるエコ塾が始まります>

2005.10.18
滋賀県に<湖国まるごとエコ・ミュージアム>プロジェクトがあります。
そこに、情報BOXプロジェクトがあり、びわこほっと探偵局というのがあります。
まるエコ塾は、びわこほっと探偵局が主宰する塾・学校です。
☆ただいま、塾生を募集しています☆

まるエコ塾は、12月1日に開塾します。
今年は、プレ開塾で、写真塾と記者塾の合同で、全10回シリーズ。
開塾日は、毎週木曜日PM3:30~PM5:30(年末年始を除く)です。
会場は、浜大津駅前にある「NTT滋賀支店・セミナールーム」です。
参加資格は中学生以上の方ならOKです。
参加経費は、資料代等で、全10回9千円(1回千円)が必要です。

写真を撮る、記事を書く、ちょっとジャーナリストになる。
新しいタイプの人材育成をめざしている<まるエコ塾>です。
来年度以降は、別バージョンで、料理塾とか、野菜塾とか・・・作っていく計画です。 
びわこほっと探偵局事務局は(財)滋賀総合研究所内 です。