フォトハウス表現研究所のHP
_20180307_152643
 先日、平岡八幡宮なる処へ参りました。音楽家の文字さんと、太秦天神川駅にて待ち合わせ、昼食をとったあと、市バス8系統に乗って、平岡八幡駅まで行きました。天井画が公開されているというので、拝観料500円なら見させてもらおうかと言いながら、受付で訊くと800円と言われたので、拝観やめにしました。境内に椿があって、白い椿で一水と書いてあったが、これが有名らしい。掲載した写真は本殿横に置かれているさざれ石。さざれ石というのは、君が代の詩句にあるあのさざれ石のことで、あちこちの神社に注連縄されて置かれています。ぼくは、このさざれ石は男根シンボルのように思えて、ほんとうはそういうことなのだろうと思ったけれど、推測に過ぎません。

 気儘日記と表記して、日記だから日々記述していくべきはずなのに、日々かけなくて、週に一回という以上に日を空けて書いている。これは、読者が少ないから、書いてもしやないなぁ、と思うからです。しかし、日記というものは非公開であって、人に見せるモノではないとの発想が基本かも知れないが、ぼくは公開を原則としているから、とくにプロジェクトに呼び込めないかとの期待もあるから、読者が極度に少ないこのブログは、あまり更新していません。このライブドアブログは、この気儘日記をふくめ五つのブログがあります。写真と文章といいながら、写真を掲載していて、アルバムを作っています。

 読者が少ないブログですが、ところがアダルトブログは人気の的で、こことは比較にならないアクセス数があるのです。人の興味が、セックスにあることは間違いなくて、ネットの奥には氾濫しているところです。なんかしらネットの時代になって、世の中の構造が変わりました。仮想の世界が現実イメージを携えていて、人の脳と直結している感じです。ぼくもスマホを使いだして二年半になりますが、個人のツールとしては、ひと頃では信じられないようなことが実現しているんですね。