_20190521_151759
<はな>と<小説>のホームページ
先日、衣笠山へ登ろうとして堂本印象美術館の横から侵入してみました。
立命館の駐車場と幼稚園との間の道から、侵入することができました。
頂上の方へは行かずに水平に北の方へと歩みましたが途中で道がありません。
一人で歩いているので帰り道に迷わないようにと思いながら、迷ってしまいました。
衣笠山は思い出として、懐かしい山です。
中学がこの山の裾にあって、学校の裏から、直接、この山へ一直線で登ったのです。
そんな思い出がある衣笠山で、60年ぶりにのぼってみようと思ったわけです。

いまある「きぬかけの道」観光道路を造る工事をしている真っ最中のころでした。
堂本印象さんの自宅アトリエがありましたけど、堂本印象さんのことは知りませんでした。
山裾の中学校で、吹奏楽部の演奏に魅せられ、入部して、そこからが青春時代です。
この歳になってきて、毎年のように同窓会があって、旧知の友と顔をあわせます。
この前には小学校の同窓会で、会長のKIKUTSNIさんとは、吹奏楽部で一緒でした。
そう思い起こせば中学の三年間は吹奏楽部が中心にあったように思えます。
女子を意識しだす年頃でもあったから、ほのぼの、思い出すと、ほのぼの、ですね。

その衣笠山の界隈、今は立命館大学の正門があり、堂本印象美術館があります。
その頃には立命館はまだ衣笠に移転していなくて、野球場と理工学部がありました。
小松原があり、等持院があり、友達もそこらへんにいて、立派な家に住んでいた。
そんな友達の家へ、遊びに行って、部屋に通してもらって、感心したことばかりです。
恋した話は、しない方が良いかと思っていて、ここには書きませんけど、淡い恋したよ。
まあ、同窓会で恋した女子に会っても、恋してたとは言いませんけど、面はゆいですね。
そうなんだ、十代の前半になるんですね、その頃の思い出というのは、今や遠いですね。
中川繁夫のホームページ