_20190903_150332
NAGASAWAさんとは数か月に一回、SANOさんとは二か月に一回、会っています。
高校からの知り合いで、ここ数年、朝ミーティングを行っています。
SANOさんは、小学校から高校まで、一緒に勉強した友だちです。
明るい陽が射し込む喫茶店の、デラックスモーニングを嗜みながらです。
定例的に会っているのはこのお二人で、よもやまの話を交わしています。
お二人の特徴は、定年まで一つの企業で勤め上げられた人ということです。

まともに人生を送ってこられたひとは、枠組みが安定していて、紳士です。
ぼくなんかは、そういうことでいえば、ちゃらんぽらん、という男子です。
きっちり社会的基盤を持っておられるから、発想がぶれませんね。
ぼくなんかは、その基盤が浮遊してきたから、あれこれ発想がぶれます。
でも、まあ、ぼくが、深い話ができる相手のようで、個別に関係が続いています。

もう人生ここまで来たぜ、という感じで、共通の興味の話を交わして勉強会です。
でも、一番肝心な、セックスにかんする話題は、やったことがないですね。
一般に避けてとおる話題だから、親密なる友とは、そこの話をしたいところですが。
ましてや、私を探求する、なんてフレームは持っていないから、話題にならない。
この歳になって、政治経済の話や、国際情勢の話よりも、もっと別のテーマでも。
このようには、個人的には思うところですが、それ以上には話題交換できないですね。