中川繁夫写文集

中川繁夫の写真と文章、フィクションとノンフィクション、物語と日記、そういうところです。

カテゴリ: 気ままに書きます

_20180814_112336
中川繁夫のHP
昨日今日と二日間、町内の地蔵盆行事が行われて、先ほど終了しました。
生まれ育った地区で、今もって住んでいるという、純粋なる京都人です。
1980年代以降、自分の風土を捉えるところから、内省し、京都を外在化させる。
この地域、大正四年の幕に、愛宕郡という書かれていて、京都市ではなかった。
この地域の地蔵盆は、盂蘭盆会の時、8月13日から15日に行われています。
京都の他の地域では地蔵盆の8月24日に行われています。

聞くところによると、織屋の盆休みは13日~15日、これにあわせて地蔵盆を行う。
同じ京都市内といっても、微妙に差異があります。
この差異は、その地区の仕事に密着しているように思えます。
この地域は、西陣の織屋が集まるところで、生産地で、盆正月しか休まない。
西陣の産業構造のなかで、収奪される側の人々が住まっていた場所です。
きらびやかな飾りの祭壇は、生産者の誇り、そのものが具現化しているのです。
女が労働力として働いていた地域である西陣の端っこです。

釜ヶ崎に関わっていたとき、どうして京都の人が釜ヶ崎なの、と訊ねられたものだった。
たぶん、人の意識を構成する底流が、共通しているのではないか、と思ったものです。
虐げられる側にいる人々、その群れのひとりに自分がいる、そのような感覚でした。
これらの感覚は、微妙な差異だから、たぶんかなり自己省察しないと、分からない。
この自己省察からくるテーマ設定と、出来上がる作品が、いま求められていると思う。
外面から内面へ、省察の底流がひろがり、深まり、それがテーマの進化というものだ。
最新のテーマは、自分の考察、自分分析、そういうところに置かれるのではないか、と思う。

_20180811_151448
現代表現研究所のHP
毎年のことですが、お盆という風習について、いろいろと思ことがあります。
文献を紐解いてイメージを創るという作業というよりも、目で光景を見ての感覚として。
京都に生まれて、京都に育って、いつの間にか京都の風土のなかで精神を育ませた。
それにしても信仰心が余りない自分だと思っているのですが、どうしてだろうか。
自分がいる場所のから受ける精神風土への想いというか、降りていく道ですね。
幼少のころからの記憶が、いろいろとよみがえってきて、心のなかの映像です。
写真作品とか、小説作品とか、エッセイとか、自分の想いを語る語り草のこと。

17歳で詩集を出そうと思ったけれど、どうしてそう思ったのか、詮索します。
文学作品に触れていて、詩集を読むことが多かった。
外国作家、日本作家、リルケとかアポリネールとか、高村光太郎とか島崎藤村とか。
中学に入ったときからはブラスバンドに熱中して、パレードの指揮官をやったり。
これは高校にまで引き継ぎ、ブラスバンド部を創部することになります。

そういえば小学校の学芸会では、音楽に出て、いつも真ん中にいた感じです。
多分にもれず、多感な少年だった、好奇心旺盛、不良にはなりきらなかった。
こんな言葉、単語、そのことだけで、今なら小説仕立てで物語ることもできそう。
夢幻舞台というイメージは、ある女子の死によってもたらされた熟語で、1983年です。
京都のお盆行事に取材した、写真とエッセイ、これは200部の自費出版をしました。

フォトハウス表現塾のHP
現代表現研究所&フォトハウス表現塾の主催
<カフェ&プレス>
今月は、8月18日(土)午後2時~午後5時。
開塾場所は、アマノコーヒーロースターズ
参加費500円(コーヒー代+) 
ぜひ、来てくださいね、お待ちしています。


_20180730_080441
むくむく通信社グループのHP
2004年に「むくむく通信社」をたちあげてから14年が過ぎています。
この間、京都写真学校を立ち上げ、10年間、写真カリキュラムを実行しました。
この枠組みは、今年から「フォトハウス表現塾」の名称で、新しく立ち上げました。
外見や内容が、かなり急速に変わる時代になっていると思っています。
十年ひと昔とはよく言ったもので、社会環境がかなり変わってきています。
いつも<今>ということを念頭において、形を組み替えないと形骸化します。
現代表現研究所を立ち上げ、フォトハウス表現塾を立ち上げた今年です。

現代表現研究所のHP
ぼくは文学から写真へ移ってきたキャリアで、いまは写真のことが中心になります。
というのも写真の学校をたちあげ、アート全体を見渡せることも学んだつもりです。
そこで写真を軸にした世界を、全体として捉える研究をしようと考えています。
「フォトクラブ京都」という名称で、写真クラブ組織で、写真研究を行う仕組みです。
巷にあるフォトクラブと同じような仕組みですが、新しい捉え方を求めます。
とくに作家や批評家をめざす人には、必須の研究をしていく枠組みを提供します。
フォトクラブ京都は、9月1日(土)に設立例会を開催します。
ぜひ、設立会員になって、新機軸を作り出していこうではありませんか。

フォトハウス表現塾のHP
現代表現研究所&フォトハウス表現塾の主催
<カフェ&プレス>
いまのところ毎月第三土曜日に開塾しています。
時間は、午後2時~午後5時
開塾場所は、アマノコーヒーロースターズ
参加費500円(コーヒー代+) 
制作の根源になるコンテンツを引きだすための頭の体操かな。
ぜひ、来てくださいね、お待ちしています。


_20180609_145147
現代表現研究所のHP
先日、京都の北、西賀茂方面へ行ってきました。
五山送り火のひとつに、船の山があるんですが、その麓へです。
住宅があって、登り口もわからなくて、うろうろするばかりでした。
なにか、カフカの物語、題名忘れた、を読んで覚えたような感覚になります。
なにしてるのか、わからない、うろうろ探して、遠くから見えた光景を記録に。
川向こうの山並みに、とんがった山があるので、それが神山だと思うのでした。
ここから加茂川の橋を渡って、柊野別れに出て、上賀茂神社まで南下しました。

ここへ行く数日前には、玄琢から山沿いに歩いて、この近くまで来ていました。
この界隈を歩くのは、初めてのことで、どんなところなのか、興味がありました。
京都北物語というフレームを考えていて、その一環として散策しているのです。
いま、フォトハウス表現塾の拠点を、アマノコーヒーロースターズさんの置いています。
北大路堀川からバス停でふたつめ、東高縄町の前にある処です。
カフェ&プレス、月例会ですが、この4月から第三土曜日に開催しています。
この場所が京都の北にあたるので、ここを中心にして、物語を作ろうと思っています。

フォトハウス表現塾のHP
現代表現研究所&フォトハウス表現塾の主催
<カフェ&プレス>
いまのところ毎月第三土曜日に開塾しています。
時間は、午後2時~午後5時
開塾場所は、アマノコーヒーロースターズ
参加費500円(コーヒー代+) 
制作の根源になるコンテンツを引きだすための頭の体操かな。
ぜひ、来てくださいね、お待ちしています。

_20180601_153411
現代表現研究所のHP
昨日、ここに、嵯峨野古墳群のことを書いていて、気になることばかりでした。
たしか立命館の京都文化講座のシリーズに、論文があったと思って見てみました。
掲載した写真は、相沢池の水面ですが、古墳群はもっとそこよりも奥の方のようです。
長刀坂、なぎなたさか、と読むのかどうかわからないけれど、この池の奥になるらしい。
図表を見てみると、嵯峨野古墳群の長刀坂支群と表記されているところがそうらしい。
たしかに石碑だったか、グーグルのマップだったか、長刀坂、という表記がありました。
でも、一人では行けないな、道に迷いそう、迷って帰ってこれなくなるかも知れないな。

朝から、「京都・嵯峨野の古墳と他界観」和田清吾文学部教授の論文を読んでみました。
古墳時代の中から後半になるらしいのですが、嵯峨野一帯には沢山の古墳群がある。
特別に、古墳に興味があるわけでもないので、これ以上の詮索はしませんけれど、です。
奈良の桜井市にある箸墓古墳が、古墳の最初だそうですが、嵯峨野は数百年後です。
まだ平安京造営のかなり前のこと、西暦600年前後、七世紀のこと、広隆寺が建立される。
広隆寺って、日本で最初の寺院と書いてありますが、本当ですかね。
北野廃寺が白梅町あたりにあって、今の太秦に移され、名称が広隆寺になる。

その頃の京都イメージを頭の中に描いているところですが、これまでに見た図版ですね。
知識の集約といっても、言葉が、絵とか像とかに結びついて、イメージ化されている。
あらためて、ぼくという思考の構造をみているわけで、コンテンツ作りにつながるのか。
表現というその表出された内容の、基底にあるイメージを創造すること。
これが、このことができること、これが基本だと思っているところです。
その部分に触れていかないと、新しいコンテンツは生まれてこない、のではないか。
解決しないといけない問題、いっぱいあるなぁ、つくづく思うところです。

フォトハウス表現塾のHP
現代表現研究所&フォトハウス表現塾の主催
<カフェ&プレス>
いまのところ毎月第三土曜日に開塾しています。
次は三回目で、6月16日です。
時間は、午後2時~午後5時
開塾場所は、アマノコーヒーロースターズ
参加費500円(コーヒー代+) 
制作の根源になるコンテンツを引きだすための頭の体操かな。
ぜひ、来てくださいね、お待ちしています。

_20180601_161705
現代表現研究所のHP
三月の終わりだったかに散策した嵯峨、広沢池から大覚寺までの道を久々に歩きました。
市バスの山越えで下車、そこから広沢池の西縁を歩んで山手まで行きました。
この山手の奥に古墳群があるとの話なので、そこへ行きたいのです。
棒で閉鎖されている道しかなくて、道といってもなんとか歩ける道、何の表示もない。
ひとつだけ、帰りの道に迷わないように、記憶を確かにして、進んでいく。
池がある、相沢池がある、とスマホのマップに表示があるので、そこまで行く。
アンドロイドのマップは、方向が、わかりにくいですね、見方がわるいんですね。

ともあれ、ひとりで山の中、昼下がりだから怖さはないけど、迷宮ですね。
写真を撮って、なんとか帰還してきて、アスファルト道を歩いて、外れます。
古墳らしき盛山があるので、電柵をよけながら、そこへ辿りつき、のぼりました。
掲載の写真は、それで、遠方左側に広沢池の山、その右手の遠方に市街。
少し広角なので、パースペクティブを見た目のくらいに調節して撮影です。
まだ平安京以前のころの古墳だと思うんですが、このように京都市内が見える。
ふむふむ、昔のひとは、このような遠近感で風景を見たんだ、とおもうところです。

しばらく日本の風景として、奈良県の方に気持ちが行っていたので、京都に戻る。
大和三山の山中の風景を撮った写真を連載しています。
いいえ、決して芸術写真じゃありません、自然のままのスナップです。
香具山、耳成山、畝傍山、神武天皇陵、橿原神宮、ひとまずここまで。
ほかにも纏向方面、聖徳太子の墓地とか、連れて行ってもらいました。
まだまだ、イメージトレーニング中ですので、入り口に立ったところですが。
それらを、京都につなげてきたいと思っているところです。

フォトハウス表現塾のHP
現代表現研究所&フォトハウス表現塾の主催
<カフェ&プレス>
いまのところ毎月第三土曜日に開塾しています。
次は三回目で、6月16日です。
時間は、午後2時~午後5時
開塾場所は、アマノコーヒーロースターズ
参加費500円(コーヒー代+) 
制作の根源コンテンツを引きだすための頭の体操かな。
ぜひ、来てくださいね、お待ちしています。


このページのトップヘ